【Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)|駿河区 登呂】天空の塔の頂きで静岡の地産地消を頂きます!

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

駿河区 登呂「Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)」とは

天空シリーズファンの皆様お待たせしました!
高い所と美味しい料理が大好きなぎんろーが今回自信を持っておススメするのが、静岡市駿河区登呂にあるカフェレストラン Tembooo(テンボー)さん。

いきなりですが、まずはこちらの景色をご覧ください!

台風一過🤗 本日は月曜日ですが祝日の為営業します! #tembooo

Temboooさん(@restaurant_tembooo)がシェアした投稿 –

眼下に広がる静岡の街並みと遠くに見えるのは静岡が誇る世界遺産富士山!

お店の名前にもなっている通り、静岡の飲食店でこれだけの展望を誇るお店はなかなかないでしょう!
さらにそんな天空の地で、ここ静岡のこだわり野菜を頂けるのだから人気にならない筈がありませんね!

運営はあの「タイタコーポレイション」

実はこちらのtemboooさんですが今年の1月に一旦閉店し、リニューアルオープンしています。
そして3/1に以前、こちらの記事でもご紹介した、草薙の「葡萄の丘」さんなどを運営されている「タイタコーポレイション」さんの運営となり、静岡の農産物を中心とした自然食イタリアンのお店に変身したという訳です。

【葡萄(ぶどう)の丘 草薙店|清水区】農家レストランの理想郷

2018年3月7日

今回、こちらの記事を書くにあたり、タイタコーポレイションのサイトを拝見したのですが、実に様々なお店を展開されている事を知りました。
草薙の「葡萄の丘」や新静岡セノバの「ぶどうの丘」、駿河区高松の「D&DEPARTMENT DINING」などのお店があります。

共通点として「地元食材にこだわったお店」を展開されているのが特徴です。
知名度で一番は御幸町の「BLUE BOOKS CAFE」でしょうか。こちらもグループとは知りませんでした・・

近年、特に生産者の見える化、野菜中心の地産地消、安心でヘルシーなどが人気飲食店におけるキーワードになっていることを感じます。

実際、こちらのお店では足しげく県内の契約農家さんを訪問し、作物の状況を把握されています。
飲食店・料理における食材の大切さを理解されているからこその取り組み、姿勢であると言えると思います。

ちなみにこちらの農家さんは静岡県西部の契約農家さんのようですね。
例えば「谷野ファーム」さんは浜松でレタス等の水耕栽培と、トマトなどの土耕栽培をやられている農業法人。

作る側にとっても、こういったこだわりのある飲食店さんと契約できる事は自慢であり誇りになると思います。!

実際、谷野ファームさんのfacebookにもその様子を投稿されていますね。

アクセス(駐車場)は?

それでは実際に行ってみましょう。駿河区の方には馴染み深い、「セントラルスクエア」の道を挟んで反対側にあるSBS静岡新聞社ビルの17階にお店はあります。

駐車場はそのビルの正面、こちらも道路を挟んだ向かい側にあります。

「食事をしに新聞社のビルに入る」という若干の違和感をを感じつつもお邪魔致します笑。

玄関を入って右側のエレベーターから17階へアクセスします。

しっかり「17F Tembooo」の記載があります。

エレベーターを降りて17Fへ着くと、いきなり目の前がお店のエントランスになっています。

ちなみにエントランス中央に18Fへ続く階段がありますが、こちらは閉鎖されています。
(一般の人は入れない関係者限定の会議室?か何かがあると伺いました。)

お店のコンセプトの掲示もあります。こういったお客さんへのアピールが顧客満足にも繋がると感じますね。

雨の日で比較的空いているかと思って行ったのですが、既に予約で満席との事。

希望の時間に行きたいのであれば、特に週末などは電話予約が確実かと思います。

木を基調とした温かみのある内装で、自然派イタリアンの雰囲気を感じます。

18Fへの階段を挟んで大きく分けて左右2つに店内が分かれている形になります。

今回、ぎんろーが案内されたのはこちらの東向きのソファ席。

天気が良ければ冒頭のインスタの写真の通り富士山が見えるはずですが、本日は雨。。

逆に天気の良い週末であれば当日予約は難しい可能性もあったので納得の上です!
それでもこれだけの高さで景色が良く、テンションは上がります!

ちなみにこちらはセントラルスクエアを上から眺めた写真です。

アピタ方面。

メニュー

ランチメニューですが、基本的に「パスタセット¥1980」という事になります。

つまり4種類のパスタからお好みのもの1種類+ビュッフェという形です。

ちなみにアルコールメニューもあります。

今回選んだパスタは、こちらの「生ハムとクリームチーズのホワイトボロネーゼ」と

「有馬山椒とオイルサーディンのアーリオオーリオ」。

単なる「山椒」ではなく「兵庫県の特産品有馬山椒」と記載することで、食材に対するこだわり、強いアピールを感じます。

実際、どちらのパスタも素材にこだわっているだけあって非常に美味でした。
個人的には特に生ハムがイチ押しです。後述しますが、生ハムはビュッフェでも頂くことができレベルが高いと感じました。

ビュッフェ巡礼

それでは早速ビュッフェコーナーへ行ってみましょう。
地産地消の野菜をメインに謳っているお店なので、各生野菜のサラダコーナーはもちろん充実しています。

単に生野菜だけでなく、ピクルスやパスタサラダなども用意されています。

こちらの記事、和ピクルス専門店「こうのもの」さんでもご紹介しましたが、野菜の調理方法としてのピクルスの知名度が一段と増している印象です。最近、本当にいろんなお店で見かけます。

【こうのもの|葵区 鷹匠】あなたの「ピクルス」の概念を根本から覆す!鷹匠の「和ピクルス」専門店

2018年4月23日

他には野菜のグリルやフライドチキン。

鶏むね肉の香草パン粉焼きとヤリイカの墨煮。

この辺は時間帯や日ごとに変化するメニューだと思われます。

こちらはスープコーナー。

本日はミネストローネと新玉ねぎのポタージュでした。

個人的にこちらのお店でおススメするのが、生ハムのコーナー。

パスタの生ハムも非常に美味しかった通り、イタリア産生ハムのクオリティが高い!
稀に某スーパーで生ハムを購入する事があるのですが何しろ価格が高い。
こちらのお店ではこの価格のビュッフェでこのレベルの生ハムが自由に食べられるだけで十分コスパは高いと感じます。

他はデザートコーナーに

ドリンクコーナー。

オプションでアルコールもOKです。

またこちらのお店でこだわりを感じたポイントは多くのトッピングや調味料が用意されている点。

いろいろ試してみたくなりますね。

調味料も種類多く準備されています。

ぎんろーのおススメチョイス

こちらのビュッフェでぎんろーが気に入ったメニュー、ベスト4をご紹介したいと思います!

4.ダイエットウォーター(はちみつ+りんご+しょうが+シナモンティー)

ビュッフェなので意識高い系のチャレンジャーであればできるだけ美味しいものをたくさん食べたいと思うもの。
そんな時にぴったりなのがこちらのダイエットウォーター。
シナモンティーを基本としつつ、ほのかに林檎と蜂蜜を感じる程度のフレーバーで非常にサッパリしていて且つ美味しいです。

3.プリン

単に「プリン」とだけ記載がある普通のプリンなんですが、とても濃厚で1人で3つ4つ食べてしまいました。
子供も大好きな様子でたくさん食べていました。単なる「プリン」なので詳細不明ですが、とても美味しい。おススメです。

2.季節のポタージュ(新玉ねぎ)

新玉ねぎの美味しさが凝縮されたポタージュだと思います。こちらも子供に大人気でお替わりをして飲んでいました。
産地の記載が無かったので産地は分かりませんが、春になると登場する新玉ねぎ。旬の素材も取り入れています。

1.イタリア産 生ハム

今まで再三登場している生ハム。
地産地消をウリにしているお店である事を理解しつつも、イタリア産を1位にしてしまいました笑
でもコスパを考えるのであれば生ハム好きにはたまらないビュッフェだと思いますね。本当。

ちなみにぎんろーの1皿目はこちら。中央の丸いのはさつま芋チップスです。

2皿目。グリーンサラダにしてみました。地元静岡野菜をふんだんに使ったサラダです。

3皿目。地元静岡産のトマトと野菜(かぼちゃ)のグリルとポテト。

最後にデザートを頂きました。おススメはプリンですが、他にも種類は豊富です。

単にお皿に置くだけではなく、盛り付け方に趣向が凝らされているのも特徴です。魅せるセンスですね。

葡萄の丘草薙店との比較

冒頭でご紹介した通り、草薙にある「葡萄の丘」さんと同じ運営会社さんによるレストランという事もあり、今回は葡萄の丘草薙店さんとの比較もしてみましょう。

Temboooのおススメポイント
  1. とにかく景色がいい。この眺望で富士山を見ながら静岡のこだわり農産物を頂ける場所は他にない。昼はもちろん夜景も素晴らしい。
  2. リニューアルしたばかりでお店も新しくモダンな造り。
  3. 生ハムやデザートなど、客層が比較的若い人をターゲットにしている?と感じた。(都会的テイスト)
葡萄の丘(草薙)のおススメポイント
  1. とにかく生産者が近い。近所の農家さんが作っていて、顔写真も掲示している。さらにレジ前で農産物を売ったり、市場も開かれているなど地域密着型。
  2. 煮物なども用意されていて料理の種類が多い。従ってどんな幅広い年齢層が満足できる、温かみのある店内。
  3. 目の前で揚げてくれる天ぷらコーナーは貴重。

どちらのお店にもアクセスできる方は当日の混雑状況を確認した上でチョイスされる方法もありかもしれません。

まとめ

富士山をはじめ、静岡随一の眺望を誇るロケーションで地元産の食材を使った料理を頂く。
そんな贅沢な要望を叶えてくれる唯一無二のお店だと実感しました。

もちろん使用する食材(主に野菜)は実際に足を運んで確認された静岡県の契約農家さんのこだわり野菜
既に超人気のお店なんですが、実際に行ってみてその理由を実感しました。

例えば静岡県外からいらっしゃったお客さんに、富士山という静岡らしい景色をお見せ出来ますし、静岡の素材を使用している料理も味わって頂く事で、視覚と味覚の両方から静岡を実感してもらえるでしょう。

葡萄の丘に行かれた経験がある方は、間違いなく満足できるかと思いますが、両店舗のコンセプトの違いを理解して頂いた上で訪れてみるとさらに良いかもしれません。

タイタコーポレイションさんのお店はまだまだ魅力的なお店が多いと感じましたので、他のお店も是非お伺いしたいと思います。!

基本情報

住所静岡県静岡市駿河区登呂3丁目1−1
電話054-260-7623
営業時間11:30~15:00(オーダーストップ14:00)
15:00~17:00(オーダーストップ16:30)
18:00~22:00(オーダーストップ21:00)
※ソファ席や展望の良い席をご希望される場合はご予約いただければ確実です。
定休日月曜日、第1・3火曜日
※第2・4・5火曜日はランチのみ営業
アクセス東名静岡I.Cより約10分
駐車場30台(無料)
MAP

▼【静岡 中部版】地元農家が推奨!農園カフェ 農家レストラン 一覧▼

【静岡周辺(清水 焼津 藤枝 島田)農園カフェ レストラン 10選+α 】地元農家が推奨!オススメ店 まとめ 一覧

2018年8月19日

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です