【静岡 伝馬町 T . W . Brunch( t w brunch) 】静岡茶と静岡食材の魅力発信!隠れ家アジアンカフェ

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

静岡伝馬町 地元食材のアジアン料理とお茶のお店「T.W.Brunch」を解説

2018年3月、伝馬町けやき通りに静岡の素材を使用したアジアン料理のお店「T.W. Brunch」さんがオープンしました。
タイ料理やベトナム料理など最近アジアンフードのお店が人気で、ぎんろーもよく家族でタイ料理のお店に行きます。

ただ、アジアン料理のお店で食材を前面に押し出しているお店はあまり聞いたことがありません。

お店のHPを拝見したところ、このように「静岡茶と静岡食材の魅力を世界へ」と静岡アピールが凄い!

一部抜粋:http://twbrunch.com/

食材は静岡県内の農家から毎日新鮮なものを仕入れているそうです。

ちなみに店名の由来ですが、「T.はお茶でW.はワイン、BRUNCHは時間にとらわれずゆっくり食事をすること」の意味でした。

お店のコンセプトが「Cafeという日常的な空間から、新しい角度で静岡茶と静岡食材の魅力を世界に発信します。」という事でまさに当ブログで紹介させて頂くに相応しいお店に思います!

アジア料理に静岡の食材がどのように活きてくるのでしょうか。期待しつつお店へ足を運んでみました。

お店へのアクセス

場所は「静岡東急スクエア」や「静岡マルイ」の向かい側にあります。
新静岡駅からもJR静岡駅からもどちらも近く、アクセス面では最高の立地です。

お洒落なサイン。このセンスはなかなか真似できません。

今回はディナーで伺いましたがランチもやっています。

入り口はこちら。階段を少し下ってお店へ入ります。

途中で目に入るのがこちらのBBQグリル。

なんとこちらのお店、テラスで肉を焼いてBBQパーティーもできるそうです。
こんな街中でBBQができるとは!斬新なアイディアですね。

メニューのご紹介

店内入ってすぐのレジで先に注文をするスタイルでした。

メニューはこちら。

アジアン料理が中心ですが、ジャンボフランクや新メニューのローストビーフ丼など、肉料理も豊富です。

ドリンクはコンセプト通り静岡茶が中心ですが、無農薬の自然派ワインも種類が充実しています。

そしてこちらのお店では「マルモ森商店 chagama」さん協力のもと美味しいお茶の提供をしているとの事です。

先日chagamaさんへ伺いましたが、「静岡茶の魅力を世界へ発信したい」というコンセプトが共通しているのだと思います。

【静岡 鷹匠 chagama(ちゃがま)】お茶屋の伝統と革新を学ぶ

2018年4月16日

またボサノバのライブ企画も予定されていました。

こちらのお店、ライブをはじめ様々なイベントを企画されています。

店内の雰囲気は!?

コンパクトなお店かと思いきや、かなり奥に広い造りになっています。

白を基調とした内装に木の椅子とテーブルが配置されています。

こんな緑の装飾も綺麗です。インスタ映えしますね~笑

入り口付近の棚では「PRANA CHAI」(砂糖不使用・天然素材のチャイティー)やお店のTシャツなどが販売されています。

またその隣には本が。スタッフお薦めの本との事ですが、「自然食」や「薬膳」などの健康食関連の本が並んでいました。

ワインとその隣は、柑橘系のジュースでしょうか。お聞きするのを忘れてしまいました。

カオマンガイとフォーの美味しい食べ方に関して解説があります。

調味料のチリソースとナンプラー。ナンプラーは手作りとの事でこだわりが感じられますね。

お料理の紹介

ぎんろー的には「海老とハーブのサラダ」に興味があったんですが、残念ながら本日は売り切れでした・・・(次回は必ず!)

まずこちらの新商品かつ限定10食の「ローストビーフ丼¥980」。

温玉とソースをかけて頂きましたが、静岡県産パクチーとローストビーフと驚くほど合っています!さすが渾身の新メニューですね。

お次はこちらの「カオマンガイ¥980」。

鶏の出汁で炊いたタイ米と低温蒸しした鶏肉、そしてこちらもたっぷりの静岡県産パクチーとお野菜が脇を固めます。

ソースは「大豆のみそチリソース」と「スイートチリソース」の2種類。
上からかけて食べるのもいいですが、それぞれの味を堪能するなら付けタレ風に細かく付けて食べるのもいいかもしれません。

最後に「フォー¥980」。

国産米粉を使用した麺や具ももちろん美味しいんですが、注目すべきはそのスープ。
伊豆は天城のブランド地鶏、天城軍鶏の鶏油を使用したオリジナルスープだそう。

一部抜粋:http://amagi-shamo.jp/

自然豊かな伊豆で育ったブランド鶏を使用し、静岡素材のこだわりを随所に感じます。

まとめ

今回オーダーさせていただいた3品には全てパクチーがたくさん使われており、その独特な香りに包まれました。
先日ご紹介した通り、袋井など県西部を中心に静岡はパクチーの生産が日本トップクラスです。

【袋井 とれたて食楽部(くらぶ)】3つのエリアで静岡県西部の地産地消を実現

2018年4月12日

そう考えるとパクチーをメインとしたアジアンカフェは理にかなった選択のように思います。

また、chagamaさんと協力した静岡茶のドリンクメニューをはじめ、付け合わせの野菜やピクルス、フォーの出汁まで、とことんまで静岡素材にこだわったお店の方針に非常に共感を覚えました。

静岡県外の方はもちろんですが、静岡の方も知らない静岡の食の魅力がたくさん詰まったお店だと思います。

またそれだけに留まらず、毎週のように様々なイベントを企画されています。

サービス精神が素晴らしいと思います、また何かイベントなどにも行ってみたいですね。お店のfacebookやインスタも随時更新されているのでぜひチェックしてみて下さい。

基本情報

住所静岡県静岡市葵区伝馬町3-3 クレストビルB1
電話050-3312-8594
営業時間10:00~22:00
定休日不定休
アクセス新静岡駅 徒歩1分
駐車場近隣にコインパーキング有り
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅 お茶カフェ 一覧】地元の元お茶農家が推奨!静岡駅近くのお茶カフェまとめ

2018年8月17日

▼【静岡 中部版】地元農家が推奨!農園カフェ 農家レストラン 一覧▼

【静岡 中部版 農園カフェ 農家レストラン 一覧 】地元農家が推奨!静岡の農園カフェ 農家レストランまとめ(静岡 清水 焼津 藤枝 島田)

2018年8月19日

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です