【CHA10(チャトウ)|葵区 鷹匠】静岡産の有機抹茶使用!街中のお洒落過ぎる抹茶スタンド

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

葵区 鷹匠 お茶屋さんがプロデュースしたカフェ「CHA10(チャトウ)」とは

静岡のお茶カフェをご紹介している当ブログですが、このお店は外す事は出来ないでしょう。
テレビ等のメディアはもちろん、Webやフリーペーパーなど各所で取り上げられる機会が多い抹茶スタンドです。

こちらのお店、2017年11月オープンとまだ新しいお店なんですが、プロデュースしたのは1977年創業の「カクニ茶藤」さん。お店自体は新しいですが、使われる素材は実績のあるお茶屋さんという事で、提供される品質は保証されています。

また、この短期間でこれほどの知名度を誇るお店ですからそれだけの理由があるのでしょう。
人気の秘密を探りに伺ってみました。

アクセス

新静岡駅から徒歩1分という非常に恵まれたロケーションに位置しています。
一見、とてもお茶屋さんには見えないお洒落さです。グレーとコバルトブルーに配色されたビビッドなお店が「Organic Matcha Stand CHA10(チャトウ)」さんです。

ちなみにこちらのお店はテイクアウト販売もされており、入り口横のカウンターで注文ができます。

実際数人がテイクアウト注文される方がいらっしゃいました。これからの暑い季節、新静岡周辺を散策される際は水分補給にちょうど良いかもしれません。

店内にお邪魔します

第一印象は、

うん、お洒落。

例えばこのシーンだけで、ここがお茶屋さんとは思わないでしょう。

壁に飾られた絵や天井にレイアウトされたキャップ、アパレルショップにも間違えそうな雰囲気です。

お店のオリジナルブランドの商品も飾られ、置かれているインテリアも凝っています。

窓際には当ブログでご紹介した、近所のお茶カフェさんの名刺も置かれていました。

【san grams(サングラム)マルイ静岡店|葵区】バイクとお茶の共通点!?単一農園の茶葉を使用したシングル茶の秘密とは

2018年6月1日

【chagama(ちゃがま)|葵区 鷹匠】お茶屋の伝統と革新を学ぶ

2018年4月16日

レジ横のショーケースには川根産有機抹茶をはじめ、抹茶ジャーケーキ、豆乳ベイクドケーキなど、お茶請けのスイーツが入っています。

また気になったのがこちらの棚。

有機抹茶や玄米茶、有機和紅茶など6種類に分類されたお茶が販売されていました。
お茶屋さんなのでお茶を売っているのは普通ですが、こちらは全て有機栽培されたお茶を取り扱っています。

そして特にぎんろーが注目したのがこちらの商品。何かお分かりでしょうか?

茶ノ実油?お茶に実がなるの??

一般的にはあまり知られていませんが、お茶の木には実がなります。このような茶色い実が1房に3、4粒入っています。

元お茶農家のぎんろーは子供の頃、よくこのお茶の実を投げ合って遊んでいました。

昔はよく、このお茶の実から油を採り、食用や洗髪に使用されていたそうです。

植物油で髪のケアと言えば椿油のイメージが強いかと思いますが、実はお茶の木は「ツバキ科ツバキ属」に属しています。

こちらの商品、パンフレットを拝見すると基本的に食用を想定されていて、100%静岡県産を使用されているそうです。

抗酸化作用があり、コエンザイムQ10を含有するなど、健康食としてその有効性が注目されています。

メニューのご紹介

メニューはこちら。

看板メニューの「NITRO(ナイトロ)抹茶」は窒素ガスを注入することで濃厚でクリーミーな舌触りに仕上げています。
一部スタバ等でも提供される「ナイトロコーヒー」の抹茶版ですね。

ちなみにメニューはこのように店内壁にもメニューがプロジェクションされています。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

有機抹茶かき氷¥600(レギュラーサイズ)

上に載っているのは「有機抹茶ソース」。
苦味と旨味含めて非常に濃厚な抹茶の味を楽しめます。

抹茶フローズン¥500

氷の粒の大きさにもこだわったという、夏の暑い時期にピッタリなフローズン抹茶。
抹茶シェイクのような印象ですね。
甘さ控えめでありながら、濃い抹茶が入った一品です。

まとめ

静岡で生産された有機茶にこだわって提供しているだけでなく、インテリアを含めお洒落なお店作りにも非常にこだわりを感じました。お茶カフェ・お茶屋さんとしては非常に前衛的なお店になっており、話題になる理由が分かった気がしました。

注文メニューがタブレットで確認できたり、メニューがプロジェクターで投影されていたりと、デジタルツールも活用されていました。(もちろんWiFiも完備)

そして看板メニューのNITRO(ナイトロ)抹茶のように、新しい味の開拓に挑戦する姿勢が素晴らしいと感じました。

週末(金曜・土曜)の夜にはバー営業も行っており、22:00まで営業されているとの事で、そちらの時間帯にも伺ってみたいと思います。

今後、新たな季節限定メニューなどの登場も楽しみですね!

基本情報

住所
静岡市葵区鷹匠1-11-6
電話054-204-2210
営業時間11:00~19:00 ※金・土曜日のみ22:00まで営業
定休日水曜日
アクセス新静岡駅より徒歩約1分
駐車場なし(近隣にコインパーキング有り)
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 10選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!超絶おススメ店一覧

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

2019年5月1日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です