【D&DEPARTMENT DINING SHIZUOKA(D&D)|駿河区 高松】静岡素材オールスター!インテリアにもこだわった大人のカフェで頂く静岡ごはん

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

駿河区 高松 静岡素材のオールスター「D&D SHIZUOKA」とは

当ブログにおいてその中心にご紹介している静岡の地産地消のお店。
その中でも今までにご紹介する機会が多いのが「タイタコーポレーション」さんのお店です。

【葡萄(ぶどう)の丘 草薙店|清水区】農家レストランの理想郷

2018年3月7日

【Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)|駿河区 登呂】天空の塔の頂きで静岡の地産地消を頂きます!

2018年5月26日

展開されるお店の多くが素材にこだわり、地産地消にこだわっています。

今回ご紹介する「D&DEPARTMENT DINING SHIZUOKA(ディーアンドデパートメント ダイニング)」さんももちろん、静岡の地産地消にこだわっています。

今まで、メイン料理や一部料理で静岡素材を使用しているお店が多かったんですが、こちらのお店はなんと副菜や汁物までメイドイン静岡を実現している、いわば静岡素材オールスターを実現しているお店です!

3番4番のクリーンナップはもちろん、おろそかになりがちな下位打線まで抜かりありません。

お店のコンセプト

このように静岡素材でまとめられている理由は、そのお店の成り立ちを知ると納得できます。

D&DEPARTMENT PROJECT(ディアンドデパートメントプロジェクト)は、2000年にデザイナーのナガオカケンメイによって創設された、「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体です。
47都道府県に1か所ずつ拠点をつくりながら、物販・飲食・出版・観光などを通して、47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」を見直し、全国に向けて紹介する活動を行っています。
(一部引用:D&DEPARTMENT PROJECT とは

元々の本拠地は東京にあるようですが、「ロングライフデザインを応援する」というコンセプトの元、食に限らず家具や日用品まで幅広く取り扱っているようです。

また、D&DEPARTMENT DINING SHIZUOKAさんのサイトを拝見すると以下のような記載があります。

47都道府県に1か所ずつ、現地のパートナーと共につくる拠点「D&DEPARTMENT」の2店舗目としてオープン。静岡県で地産地消のレストランなどを手掛ける「タイタコーポレーション」が、静岡県で「ロングライフデザイン」な“もの”や“こと”を提案していきます。
(一部引用:D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA

なるほど、「D&DEPARTMENT プロジェクト」がタイタコーポレーションさんと組んで、静岡で運営されているお店なんですね。47都道府県の各代表を募るプロジェクト、非常に興味深いです。

各都道府県の代表と言えば現在開幕している夏の甲子園。D&DEPARTMENT SHIZUOKAは言わば産地消の静岡県代表選手という事です!

お店へお邪魔します

場所は静岡駅から車で南へ15分ほど行った所にあります。静岡が誇る全国的に有名な遺跡、「登呂遺跡」に近い所です。

目の前には田んぼや畑が広がっていて、非常に景色の良い、落ち着いたカントリーサイドのカフェといった感じです。

お店の外観はこんな感じです。

ぱっと見、

会社の事務所かな??

と思ってしまうような簡素にも見える造りになっています。

ところがお店へ近づいて見ると、中にはお洒落な椅子やテーブル、インテリアが置かれた空間が見えてきます。

また玄関には「自転車の無料貸出」も用意されていて、これは「D&DEPARTMENT PROJECT」の掲げる「その土地らしさ」や「観光」といったテーマに繋がっているのだと思います。

店内はこのように落ち着いた雰囲気になっています。

入り口から向かって左側は「D&DEPARTMENT」が取り扱っている家具やインテリアのショップ、一方右側がカフェスペースになっており、大きく2つのエリアに分かれています。

こちらは家具やインテリアのショップです。

先日ご紹介した、浜松の「ハルイチスタイル」さんに近い印象を受けました。お店のコンセプトや雰囲気に共通するものを感じます。

【ハルイチスタイル|浜松 東区】いいものを選んで生きよう メイドイン浜松にこだわったお店

2018年6月30日

カフェスペースのご紹介

入り口の立て看板におススメメニューが書かれています。

大きい窓からは外の田園風景が見え、カリモクのソファでゆっくりくつろぎたくなる空間です。

本棚も用意されていて、ゆっくり読書もできます。

またベビーチェアも用意されていて、子供連れでも安心して食事が楽しめます。

食事の方も、子供用の食器を用意して頂きました。子供連れの方も安心ですね。

メニューはこちら。

見事に静岡素材のオンパレード、ここまで静岡素材でまとめられているお店は見たことがありません!

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

もちろん今回は迷うことなく「静岡ごはん」のSETを注文しました。

それぞれ料理に使われている素材の案内があるのが嬉しいですし、素材に対する興味が沸きます。

主菜:ふじのくに いきいき鶏の唐揚げ 油淋鶏ソース

副菜1:甘長ししとうとじゃこのポン酢しょうゆ和え

副菜2:橋本屋豆腐を使った油揚げとこんにゃくの白和え

汁物:厚揚げと長ネギのお味噌汁

お茶(With 小人)

静岡で生まれ育ったぎんろーだからそう思うのかもしれませんが、どこか懐かしいような味で、質素でありながら地元の健康食材がふんだんに使われている印象を受けました。

ここでもプロジェクトのテーマである「その土地らしいロングライフデザイン」が反映されていました。

また、こちらのお店で素晴らしいと感じたことは、食育に関するイベントを開催している部分。

伺った時は、このような体験イベントや、

富士宮の北山農園さんの野菜を体験できるイベントなどが企画されていました。

四季折々のイベントが開催されているようで、楽しそうです。

家具・インテリアスペースのご紹介

「カリモク60」などをはじめ、D&DEPARTMENTが取り扱っている家具の各ブランドが展示されています。

階段を登って2階もインテリア関係の展示スペースになっています。

また静岡の小物や調味料などもあり、静岡のちょっとした珍しいお土産になりそうなものも販売していました。

食後に散歩がてら見て周ると面白い商品が発見できるかもしれません。

まとめ

駅からは多少距離がある立地ですが、静岡オールスターを味わうのであればこのお店で決まりでしょう!

晴れた日は富士山が見えるロケーションという事もあり、県外からのお客さんなどに静岡を味わって頂くには最適なお店だと思いました。

D&DEPARTMENT PROJECTの提唱するコンセプト、『47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」』を見事に体現されているお店になっていました。

ただ、景色といった面では、同じくタイタコーポレーションさんが運営している「テンボー」さんも素晴らしいので悩んでしまいますね。

【Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)|駿河区 登呂】天空の塔の頂きで静岡の地産地消を頂きます!

2018年5月26日

またこちらのお店へ行ってみて気になったのが他県の店舗の様子。

2018年時点でD&DEPARTMENT PROJECTのお店は北は北海道、南は沖縄まで14店舗展開されているようです。

特にぎんろーが気になったのは京都の「D&DEPARTMENT KYOTO」さん。なんと「お寺(本山佛光寺)の境内」にあります。

一部抜粋:D&DEPARTMENT KYOTO

コンセプト通り非常に個性豊かなD&DEPARTMENT PROJECT。京都に行く際は是非行ってみたいと感じました。

県内の方、県外の方、一度足を運んでみるとそれぞれ新しい発見があると思います!

基本情報

住所
静岡市駿河区高松1-24-10
電話054-238-6678
営業時間・ランチタイム11:30~15:00
・ティータイム15:00~18:00
・ディナータイム18:00~22:00
定休日火曜日
アクセス東名静岡I.Cより約10分
駐車場あり
MAP

▼【静岡 中部版】地元農家が推奨!農園カフェ 農家レストラン 一覧▼

【静岡周辺(清水 焼津 藤枝 島田)農園カフェ 農家レストラン 20選+α 】地元農家が推奨!オススメ店 まとめ 一覧

2018年8月19日

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 14選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!超絶おススメ店一覧

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

2019年5月1日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です