【お抹茶こんどう|駿河区】日本茶インストラクターが営む和モダンな静岡のお茶処

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

駿河区 駅南エリアで日本茶インストラクターが営むお茶料理屋「お抹茶こんどう」とは ※2019年6月に葵区常磐町へ「お抹茶こんどうの食堂」としてリニューアルオープンされました。

当ブログでは今まで多くのお茶カフェをご紹介してきましたが、その多くが駅から北側の葵区に集中していましたが、もちろん南側の駿河区にも魅力的なお店があります。

その中で今回は日本茶インストラクターの店主さんが経営されている、高品質のお茶とお食事を頂ける「お抹茶こんどう」さんをご紹介します。

アクセス

静岡駅~静岡ICのちょうど中間くらいの位置にあり、電車でも車でもアクセス容易という恵まれた環境のお店。実際、車のお客さん、電車のお客さん、どちらもいらっしゃると店主さんはおっしゃっていました。

東名静岡ICからは車で約10分程度、静岡駅からは静鉄バス中原池ヶ谷線乗車、「中原町」バス停下車で徒歩約7分ほどで到着します。

大きな通りに面しておらず、暖簾が無ければ一見普通の住宅のようにも見えますが、この隠れ家的な佇まいが個人的には好きですね。

暖簾の紫の色合いとロゴにもこだわりを感じます。こういう細かい部分にもこだわっているお店は料理にもこだわりがあるケースが多いと思います。

外観からレベルが高い雰囲気を感じます!

お店へお邪魔します

カウンター席が8席ほどと、奥に掘りごたつの個室があります。4年前にオープンとの事で店内は綺麗で新しく、和モダンな雰囲気を醸しだしています。

掘りごたつもポイント高いですね。ゆったり足を伸ばして長居してしまいそうです。

お店の壁にこんな素敵な作品を発見しました。店内にはギャラリースペースもあり、静岡のさまざまなジャンルの作家の作品を、月替わりで展示されているそうです。

またカウンター席の後ろに熱帯魚の水槽を発見しました。なんでも常連のお客様から譲り受けたそうです。

お店の外観もそうですがインテリアにも素敵なこだわりが髄所に垣間見えますね。

メニューのご紹介

食事の方は静岡藁科奥地の本山産自然薯を使用したメニューが定番です。これも店主さんから伺ったんですが、ご親類の方に自然薯を作られている農家さんがいらっしゃる(いらっしゃった?)とかでお茶に自然薯を合わせてみることを思いついたそうです。

ランチメニュー

ディナーメニュー

アルコールメニュー

ちなみにお抹茶を入れたビアカクテル「お抹茶ショット」はこのような感じらしいです。うん新しい!

ノンアルコールメニュー

アルコールメニュー・ノンアルコールメニューそれぞれ静岡茶を中心としたメニューが非常に充実しており、夏の暑い時期には「冷茶ボトル」が用意されるなど、季節・時間帯問わず満足度の高い豊富なラインナップです。

メニューをご覧になるとお分かりの通り、こちらのお店は浅蒸茶の割合が比較的高い印象です。一般的にお茶のCMで「深蒸し」とか「濃い」といったワードをよく聞きますが、個人的には浅蒸茶も好きです。

この日出して頂いたお茶も浅蒸茶で、暑い日にはサッパリとした口当たりでとても美味しかったです。

お茶は、日本茶インストラクターの店主さんが農家から直接仕入れており、カウンター前の石臼で挽くできたて抹茶を頂くことが出来ます。

黒板メニューも。手作りの「しそ」ドリンクが気になりました。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

自然薯とろろ汁の定食¥1620

お店のメイン料理である自然薯。ご飯にかけて、ネギと併せて頂きます!

主菜は4種類から選べます。今回は豚ヒレを頂きました。

お通しや付け合わせの小鉢も豊富で、これだけのバリエーション豊富な料理に驚きます。セットとしてのバランスに優れていると感じました。

まとめ

過去にブログでご紹介させて頂いた通り、静岡には最近新しいスタイルのお茶カフェが登場していますが、「お抹茶こんどう」さんはお食事からアルコールまで守備範囲が広く、画一的な枠に当てはまらない貴重なお茶のお店だと感じました。

昔、某SUV車で「全方位SUV」のキャッチフレーズでCMをしていた車がありましたが、それを思い出すような抜かりのなさ、まさに全方位お茶屋さんを体現しているお店でした。

地元静岡のお茶と自然薯を使用し、店主さん自ら選んだそれぞれの素材を上手に活かしていると感じました。昼のランチから夜の一杯まで、静岡の名産・静岡の味を試したい県外からの方にも自信をもっておススメできるお店です。

よくメディアの取材も受けると店主さんから伺いましたが、訪れてみて納得のお店でした。

さらにお土産として「牛しぐれとろろ山かけ弁当」まで用意されています!

これ絶対美味しいやつですね。ここまで至れり尽くせりのお茶屋さんは他に聞きませんね。

皆様も是非一度足を運んでみて下さい。季節・時間帯問わず満足度の高いお茶にお食事が頂けますよ。

基本情報

住所
静岡市駿河区津島町5-9
電話054-282-4222
営業時間11:30~15:00(オーダーストップ14:30)
18:00~22:30(オーダーストップ22:00)
定休日木曜日
アクセスJR静岡駅より、しずてつバス中原池ヶ谷線乗車、「中原町」バス停下車、徒歩約7分
駐車場2台
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 14選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!超絶おススメ店一覧

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

2019年5月1日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です