【静岡 富士 佐野製茶所 製茶所サロン】富士山と茶畑の圧倒的ライブ感!これぞ日本の静岡のお茶カフェだ!

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

富士山と茶畑を一望 「ザ・JAPANESE GREEN TEA CAFE」の「佐野製茶所サロン」

当ブログでは静岡駅周辺を中心に数々のお茶カフェをご紹介してきました。

もちろん、それぞれのカフェには特徴があり、それぞれに魅力があり、素晴らしいお店ばかりでした。

しかしただ一点、今回ご紹介する「佐野製茶所 製茶所サロン」さんには叶わないポイントがあります。それが目の前に広がる富士山とお茶畑

よく言われる事ですが食事は料理そのものの味も大切ですが、その場所・現地へ行って食べる喜びや感動も大事です。

例えばBBQなどのように自然の中で自分たちで調理した料理はとても美味しく感じられます。それはその場所まで足を運び、自分たちで作り上げた、というストーリーがあるという一面もあると思います。

人の味覚は単に舌で味わうだけでなく、視覚やロケーション、食に至るまでの経験というものが非常に大切だと思います。

物語を伝える」と言った意味で佐野製茶所は非常に貴重な優れたお茶カフェ・サロンだと言えます。

う~ん、この景色だけでワクワクしてきた!

アクセス

富士駅から北へ約20分ほどの場所で、富士山のビューポイントとして有名な「岩本山公園」の近くにあります。この周辺は標高が高い場所にあり、静岡でも屈指の富士山ビュースポットになっています。

富士駅方面からは国道176号線を進み、旭町の交差点を岩本山公園方面へ折れて新東名方向へ進むとお店の看板が見えてきます。

手前に駐車場があり、奥の黒い建物がカフェになっています。

お店へお邪魔します

店内は凄く新しく綺麗で、このように全ての席からお茶畑を望むことが出来ます。

本当に目の前にお茶畑が迫ってくる感じで、新緑の季節は特に圧巻です!

季節によってお茶の実が咲いていたり、台切りがされたりなど、見える風景は様々かもしれませんが、今の時期お茶がどのような状態になっているのかを見るのも面白いと思います。

テーブル席・カウンター席とそれぞれ揃っているので1人でも皆とでも気軽にお茶が楽しめます。

そして特筆すべきはこちらのテラス席。お茶畑と富士山をワイドビューで楽しむ事が出来ます!天気のいい日はおススメですね!

単に景色だけでなく、インテリアに置かれた商品もセンスが良く、手に取ってみたくなるアイテムが多数でした。

特にこの木製の茶筒、地元富士宮市の大工さんによるもの。製茶所のオリジナル商品だそう。ジャパニーズオリジナルブランド感が漂って凄いカッコいい。

このアルコールランプの意味は!?後ほど分かります。

製茶所なのでもちろんお茶を購入することが出来ます。

元々は製茶所としてお茶の販売をしていて、試飲としてお客さんにお茶を出していたそうですが、折角なのでもっとゆっくりしていって欲しいという思いでカフェをオープンされたそうです。まさに日本の「おもてなし」の心ですね。

そして拝見したお店の冊子に書かれていたキャッチコピー「ちゃんと、ちゃのこと、おちゃのこと。

小さなことに手間を惜しまず、畑にたくさんの汗をおとして、おいしいを作ります。」とても素敵なお言葉です。

このロケーションにしてこのハイセンスなお店、さらにお茶への深いこだわり!美味しくない訳がないよね・・もうこの時点で分かってるんだ。。

メニューは?

基本メニューと、

季節限定メニューがあります。

また、お茶請けは月替わりのようで、今回は「大分県中津市 中津菓子かねい」さんの「レアチーズの水まんじゅう」。

何度来ても、次はまた違ったお菓子が頂けて楽しいですね。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

抹茶玄米茶¥500

こちらが人気メニューだそうです。

怪しい白い機器は何だ!?

これは焙烙(ほうろく)と呼ばれるもので、玄米を煎る為の道具です。

下の動画のようにアルコールランプで焙ります。

先のBBQの例でもないですが、自分で参加し作る楽しみを与えるというのは非常に印象に残る上手な方法ですね!

煎った後はポットに移して、お湯を注いで完成です。

冷し抹茶玄米茶ラテ¥500

製茶所オリジナル抹茶玄米茶を冷たいミルクで割っているそうです。生クリームと玄米がトッピングされていました。

お茶もラテも流石製茶所さんの提供というだけあって間違いのない美味しさ・品質でした。

それもそのはず、こちらの佐野製茶さん「寒冷紗(かんれいしゃ)」という自然仕立て茶園で作られたお茶で「日本茶アワード2017」のプラチナ賞を受賞されています!

そのコンセプト通り、お茶づくりもしっかり結果を残されて、評価されています。

そして月替わりのお茶請けの「レアチーズの水まんじゅう」、フツーにお取り寄せしたいレベルの美味しさでしたよ!

まとめ

確かに駅からは距離があるので車移動が必須にはなりますが、駅周辺のお洒落なお店にはない、「ライブ感」といったものを存分に味わう事が出来る貴重なお茶カフェ・サロンだと思いました。

焙烙を使って自分で煎った抹茶玄米茶を頂く体験型の楽しみもあり、新しい「参加型お茶カフェ」とでも言うべきでしょうか。

もちろん、駅前でお気軽に美味しいお茶を頂ける事も素晴らしいと思いますが、時には郊外まで足を運び、富士山やお茶畑の雄大な静岡の自然と共にゆったりとお茶を楽しむのも良いのではないでしょうか。

時間と車があれば、特に海外や県外からいらっしゃったお客さんをぜひ案内したいようなお茶カフェです。

木製の茶筒とかお土産にも絶対喜ばれます!この景色とお茶の味は絶対忘れませんね。

ちなみに地元JA職員さんもおススメしていました。ソーダと緑茶の「茶曹達」??既にリピート決定です。

基本情報

住所
静岡県富士市岩本816-3
電話 0545-64-2288
営業時間 平日:9:00~17:00
日曜祝日:10:00~17:00
定休日 月曜日(月曜祝日の場合は火曜休み)
アクセス 新富士ICより車約15分
駐車場 有り
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 一覧】地元の元お茶農家が推奨!静岡駅近くのお茶カフェまとめ

2018.08.17

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です