【静岡 御前崎 Pacific Cafe Omaezaki(パシフィックカフェ)】地場産品を使用したオーシャンビューのハワイアンカフェ

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

静岡 御前崎「Pacific Cafe Omaezaki(パシフィックカフェオマエザキ)」とは

銀篭園から車で10分ほど走ると静岡県最南端の御前崎灯台まで行くことができます。

夏場を中心にサーファーや海水浴客で賑わいを見せます。

先日、こちらの記事で御前崎での干し芋誕生秘話をご紹介しましたが、まさにこの灯台付近は比較的遠浅の岩礁地帯となっており、昔から船が座礁しやすいエリアとなっています。

【干し芋 聖地巡礼】地元芋農家が生誕地静岡県御前崎から干し芋の歴史を紐解く【干し芋クエスト】

2018.12.09

おそらく薩摩藩の船が座礁したポイントもこの辺りの海ではないでしょうか。

そんな事を考えつつ御前崎灯台までドライブをすると、灯台のすぐ下にお洒落なカフェがある事に気が付きました。

こちらの「Pacific Cafe Omaezaki(パシフィックカフェオマエザキ)」さんは2014年のオープンという事で、今年で5周年になります。

目の前に広がる太平洋を眺めながら、ハワイアンテイストでまとめられたお洒落なカフェで、イチゴやメロン、お茶などの地元で採れた食材を取り入れたメニューを頂くことができます。

こんな素敵なカフェ、近くなのに今まで知らなかった事を後悔!

アクセス

こちらが御前崎岬のマップです。本当に御前崎の最南端、御前崎灯台に隣接する場所にお店はあります。

海岸沿いを走る国道357号線を御前崎の最南端まで走ると、市営の無料駐車場がありますのでこちらに車を停めます。

夏の週末などはマリンレジャーの人々で混雑しますが、それ以外は広い駐車場に自由に停められます。

お店へお邪魔します

駐車場から少し階段を上った小高い場所にお店はあります。

店内は入口からハワイアンの雰囲気があります。

テーブル席・カウンター席とそれぞれ用意されていて、夏場は外にテラス席が用意されるようです。海で遊んで、汚れを気にせず食事ができそうですね。

大きなロングボードがインテリアとして飾られています。

干し芋の生まれた御前崎は風が強く、サーフィン・ウインドサーフィンのメッカとしても有名で世界的な大会が開かれています。

店内から外の風景はこんな感じです。地球の丸さを感じられる、まさに「パシフィックオーシャン」を感じるカフェですね。

店内ではローカル飲料や調味料、はちみつなども販売されていました。

静岡茶サイダーなどで有名な木村飲料さんとは別の、こちらのローカルドリンクが気になりました。

アヲミカンスカッシュ」を調べてみると、牧之原市のみかん農家さんである「牧野農園」さんが販売をされているようです。

なかなか他ではあまり見かけることがない、貴重なアイテムだと思います。

隣は「つゆひかり茶サイダー」です。つゆひかりは御前崎のブランド茶で、先日ご紹介した同じく御前崎のお茶カフェ「まるよ茶屋」さんの記事で詳しくご紹介しています。

【静岡 御前崎 まるよ茶屋】お茶屋さん直営のお洒落カフェで頂く地産地消ランチ

2018.08.16

パシフィックカフェでもつゆひかりを頂く事ができます。

続いて目に留まったのがこちらの「静岡温室 アローマメロン」ののぼり旗。

残念ながら冬の時期はシーズンではないので提供されていませんが、夏~秋頃にかけて静岡産メロンを使用したメニューが提供されています。

本ブログでも何度も取り上げている静岡メロン!地元の季節の恵みを頂きたいです!

メニューは?

こちらがメニューです。通し営業でランチ・ディナーで特に分かれてはいないようです。

ちなみにこのように季節限定商品も登場するようです。春らしい桜をイメージしたメニューがラインナップされています。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

フリットチキンバーガー¥1180

はみ出しそうなほど大きなチキンと大盛りポテトで非常にボリューミーなセットです。

また付け合わせのピクルスが優しい口当たりの酸味で非常に食べやすく美味しいです。

静岡では「こうのもの」さんのピクルスも人気ですが、最近はメニューとして提供されるお店が増えているように感じます。

【静岡 鷹匠 こうのもの】あなたの「ピクルス」の概念を根本から覆す!鷹匠の「和ピクルス」専門店

2018.04.23

ロコモコプレート¥1380

続いてハワイアンなロコモコプレートです。

まずロコモコハンバーグが非常にジューシー!中を割ってみるとこのように肉汁があふれ出しています。

チキンバーガーにロコモコとどちらもボリュームがある印象ですが、サラダやピクルスも付いているせいか意外と脂っこさを感じずに頂いてしまいました。

まとめ

お店を出るころには丁度夕日が沈んでいく時間帯で、御前崎灯台をバックに素敵なグラデーションを彩った一枚です。

静岡県では西伊豆なども夕日をウリにしていますが、個人的には御前崎も負けていないと思います。

今回ご紹介した「Pacific Cafe Omaezaki(パシフィックカフェオマエザキ)」さんは御前崎灯台のすぐ近くという素晴らしく眺めの良いロケーションにあり、地元産のお茶やメロン、イチゴなどを使用したメニューを提供されている貴重なカフェだと感じました。

今まで御前崎にはお洒落なカフェが少なかったのが正直なところですが、今後も御前崎の注目スポットとして、静岡県最南端からその魅力を発信して頂きたいと思います。

御前崎へのドライブのついでに、海水浴や磯遊びの帰りに、海岸散策の拠点にとぜひ様々なシーンで活用して頂きたいお店です。

目の前に広がる雄大な太平洋を眺めながら、ハワイアン音楽が心地よく流れる店内でゆっくり食事を楽しんで下さい!

基本情報

住所
御前崎市御前崎1565-2
電話 0548-63-1100
営業時間 月・火・木曜日 11:00~18:00(オーダーストップ17:00)

金・土・日曜日・祝日 11:00~22:00(オーダーストップ21:00)

定休日 水曜日
アクセス 東名相良牧之原I.Cから約30分
駐車場 あり
MAP

▼【静岡 西部版】地元農家が推奨!農園カフェ 農家レストラン 一覧▼

【静岡 西部版 農園カフェ 農家レストラン 一覧 】地元農家が推奨!静岡の農園カフェ 農家レストランまとめ(浜松 磐田 袋井 掛川 菊川 御前崎)

2018.08.19

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です