【望月竹次郎商店|清水区 】ローカル駄菓子屋カフェで頂く両河内茶を使用したかき氷(マフィンや壺焼き芋も!)

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

清水「望月竹次郎商店」とは

先日、清水の山間部でお茶の名産地である「両河内」にあるお茶農家さんが営むカフェ「GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)」さんをご紹介しました。

【GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)|清水区 】茶工場内のお茶カフェ!?名産地 両河内にある茶農家直営店

2019年8月12日

今回はその両河内からほど近い、国道52号線沿いの清水区但沼町にある老舗駄菓子屋さんカフェ「望月竹次郎商店」さんをご紹介します。

開店から40年以上の歴史を誇り、地元の方々から「たっけーさん」の愛称で親しまれています。

そんな歴史のあるお店ですが、最近のトピックとしては今年から「茶氷プロジェクト」に参加されている点。

【全30店 エリア別 静岡『茶氷プロジェクト』参加店一覧】地元の元お茶農家が解説!【2019 店舗情報付き】

2019年7月18日

両河内の濃厚なお茶をシロップに使用した「両河内 お茶氷」を夏季限定で頂く事ができます。

茶氷には両河内で100年以上の歴史があるお茶農家「清照由苑」さんの粉末緑茶を使用した「お茶氷」と、同じく「清照由苑」さんの一番茶を使用した「ほうじ茶氷」の2種類をベースにして、あずきやアイス、ミルクなどのトッピングが可能です。

駄菓子屋カフェで頂く茶氷は新鮮です!

アクセス

国道1号線から興津郵便局の交差点を曲がり国道52号線に入り山梨方面へ北上します。清水小島小学校を超えて次の信号の交差点にガソリンスタンド(昭和Shell)があります。

このガソリンスタンドに併設するように裏側にあるお店が「望月竹次郎商店」さんです。道も広くなく、パット見で分かりにくいのでガソリンスタンドが見えたら曲がる、という認識でいると通り越さずに済むかと思います。

お店のお隣に駐車場がありますが、3台ほどのスペースとなっています。奥には別の駐車場があるようですので、満車の場合は店員さんに問い合わせてみて下さい。

お店へお邪魔します

駄菓子屋カフェにカテゴライズされるようですが、実際お店を訪問させて頂くと想像以上にお洒落です。木のぬくもりを感じるお洒落なカウンター席やテーブル席があります。

さらにソファー席もあり、壁沿いに並べられた本棚からお好きな本を取って読む事もできます。お洒落なインテリアやソファーがあり、リラックスしながら長居してしまいそうです。

もちろん駄菓子の販売コーナーもありますので、間違いなく「駄菓子屋」さんです!

ただその隣のカウンターにはマフィンなどの焼き菓子も販売されていて、この組み合わせに少々驚きます。

写真中央の「茶ぼーる」は川根産無農薬栽培の煎茶パウダーを使用しているそうです。

季節や時間帯などでも販売メニューは変わるそうですが、米粉100%と清照由苑の緑茶パウダーを使用した「両河内茶マフィン」や「壺芋パイ」なども登場するそうです。

駄菓子屋さんなのにお洒落インテリア&マフィンがある衝撃!

メニューは?

メニューの紹介です。コーヒーや紅茶などもラインナップしており、和紅茶は前述の「GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)」さんのお茶を使用しているそうです。

続いてかき氷(茶氷)のメニューです。

「清照由苑」さんのお茶の特徴である、「実生在来茶」について解説がされていました。

実生在来茶(みしょうざいらいちゃ)とは?

現在市場に出回っている90%以上が挿し木から育てた品種茶ですが、このお茶は「実生在来茶(みしょうざいらいちゃ)」といい、お茶の実を土に埋めて育った樹から出来たお茶で、希少価値のあるお茶です。挿し木と比べ実生在来茶は地中に深い根を伸ばし、生命力も強いと言われています。当苑の実生在来茶は樹齢100年以上になります。香りが強く、お茶本来の旨味がたのしめます。

一部抜粋:清照由苑

樹齢100年以上とは驚き!確かに新しくお茶の木を植える際は挿し木の苗を買ってくる事が多く、お茶の実から育てるという話はあまり聞きません。

茶氷以外のかき氷メニューもあります。イチゴは静岡のいちご農家さん「いっけっ家」さんの苺を使用しているそうです。

やはりイチゴのかき氷が毎年人気の様ですが、今年から参加した茶氷も人気が増してきているそうです。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

両河内茶 お茶氷 アイスのっけ ¥620

ベースとなるお茶氷は¥500~という価格が良心的ですね。駄菓子屋カフェならではの価格で子供さんでも食べに行きやすい価格設定が嬉しいです。

両河内の濃厚なお茶シロップがたっぷりかかっていて、所々、粉末緑茶が塊になっていて固液体のようなエスプーマ風になっている部分があります。

バニラアイスもバニラビーンズがたっぷりで、お茶のかき氷との相性も良いです。

ちなみに食べ進んで行っても下の層にもお茶のシロップがかかっているので、味が薄くなってしまう事はありません。

両河内「清照由苑」さんのこだわり緑茶の味を存分に堪能することできます。

まとめ

今回は清水区「望月竹次郎商店」さんをご紹介しました。

地元の方から愛され、近所の方の憩いの場になっている駄菓子屋カフェで、地元両河内のお茶を使用したかき氷を堪能させて頂きました。

今回は夏季限定の「茶氷」を頂きましたが、冬には「壺焼き芋」などのメニューも登場するようで、季節ごとの味覚が楽しめるのも魅力の1つだと感じました。

最近はローカルな駄菓子屋さんも数が少なくなってしまったと思いますが、子供の頃、誰もが通った駄菓子屋さんの懐かしい雰囲気と、お洒落な雰囲気が融合した素敵な心落ち着くカフェです。

地元の旬の食材を使用したスイーツ・おやつが頂ける駄菓子屋さん、近所の方々から愛される理由が分かります!

基本情報

住所
静岡市清水区但沼町489-4
電話054-393-2008
営業時間10:00~17:00
定休日月曜日
アクセス東名清水I.Cより車約20分
駐車場有り
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 10選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!超絶おススメ店一覧

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

2019年5月1日

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です