【静岡茶ワッフルクッキー|敷島屋|実食レビュー】JA静岡経済連から原料供給を受ける高コスパ商品

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

▼ 干し芋のご購入はコチラ ▼

▼ お得なクーポン配布中 ▼

日本一のお茶処・お茶の産地である静岡県。お茶のお土産も数多く販売されています。

どの静岡茶お土産が一番美味しいの!?

そんな疑問にお答えすべく、静岡の元お茶農家のぎんろーが静岡茶を使用したお土産品を実食レビューを交えてご紹介します。

スポンサードサーチ

株式会社 敷島屋「静岡茶ワッフルクッキー」とは

今回は浜松市にある観光土産品総合卸売「株式会社 敷島屋」さんの「静岡茶ワッフルクッキー」をご紹介します。

「株式会社 敷島屋」さんは他に浜松らしく、浜名湖のウナギを使用した「うなぎボーン」などの商品を販売されています。

本社が浜松市の会社という事で静岡茶の商品を製造している事が少し意外なんですが、「JA静岡経済連」から原料の供給を受けており、確かな品質の静岡茶を使用している、いわばJA静岡との共同開発商品とも言えるかもしれません。

「静岡茶使用」とだけ書かれている商品も多いですが、お茶の産地や供給元を明記しているだけで安心感や、その商品のストーリーを感じる事ができます。

今回はそんな「静岡茶ワッフルクッキー」を実食レビューしていきたいと思います。

基本情報

内容量・数量
20枚入
購入価格 ¥648
賞味期限 約4カ月
購入場所 静岡駅構内 駿府楽市
販売者 株式会社 敷島屋
MAP

敷島屋「静岡茶ワッフルクッキー」を実食レビュー

まずパッケージですが、センターに富士山が大きく描かれており、その周囲をお茶畑が囲んでいます。パット見で静岡県のお茶と分かる、明快なパッケージです。

やはり注目すべきは「原料供給元:JA静岡経済連」と記載されている点。つまり静岡県産茶葉が100%使用している事に繋がります。

お茶畑のイメージが側面や裏側まで描かれています。

また裏面には商品の説明だけでなく「静岡県内の主な茶産地」や「静岡茶の歴史」、「富士山の解説」まで書かれています。

お茶の有名産地が解説されているのはJA経済連が原料供給元ならではの印象を受けます。

箱の中はこのように個包装されたワッフルクッキーが20枚並んでいます。¥650ほどで20枚入っているので、送り先の人数が多い際はかなりコスパが良さそうです。

箱の中には商品解説の冊子が入っていました。

袋から出してみました。形は確かにワッフルのそれですが、こちらの商品はお茶の葉をイメージしたワッフルクッキーという事で薄くなっています。

細長い楕円形のクッキーで、他のクッキー系のお菓子と比べて甘さは控えめで、お茶の香りもかなり控えめになっていてワッフルの甘い香りがします。

半分に割ってみました。サクッと軽い食感が特徴的なワッフルクッキーに仕上がっています。

敷島屋「静岡茶ワッフルクッキー」のまとめ・感想

①特徴まとめ

☑ 「JA静岡経済連」から茶原料の供給を受けている

☑ サクッと食感の薄焼きワッフルクッキー

②良い点(ここが〇)

良い点

●20枚入で¥600ほどと、入数が多く良コスパ。

●甘さ控えめで、万人受けしそうな味と食感。

③惜しい点(ここが△)

惜しい点

●味的には新鮮味はないが、定番とも言える。

④評価チャート

⑤まとめ

「JA静岡経済連」から原料の供給を受けており、安心で一定品質の静岡茶を使用したワッフルクッキーです。

「浜名湖サービスエリア」など高速道路のSA等でも販売されているそうで、入手し易いのも良いですね。

新しい食感やもの珍しさがある訳ではありませんが、定番商品の安定感はあると思いますし、コストパフォーマンスが高いのも魅力ではないでしょうか。

【静岡茶 お土産】元お茶農家が静岡のお茶土産を40種以上食べてランキング!

【静岡茶 お土産】元お茶農家が静岡のお茶土産を40種以上食べてランキング!シーン別ベストバイ!

2019年12月17日





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です