【焼き干し芋|ファーストジャパン|実食レビュー】100円均一ショップ「ダイソー」で購入できる!ISO取得の格安の干し芋は買いか!?

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

コンビニやスーパーなどの量販店から個人農家さんまで、日本全国各地には数多くの干し芋が製造・販売されています。

さつま芋の品種から製造方法、パッケージなどバリエーション豊かな干し芋ですが、それだけ数が多いとどれが美味しいのか・どれを購入するべきか悩んでしまいます。

どの干し芋が一番美味しいの!?

そんな疑問にお答えすべく、離乳食から干し芋を食べ始め、干し芋歴約40年の干し芋農家ぎんろーが各ブランドで販売されている干し芋を実食レビューを交えてご紹介します。

スポンサードサーチ

ファーストジャパン「焼き干し芋」とは(どこで買える?)

庶民の強い味方、「100円均一ショップ」。幾つかの全国チェーンがある中で「ダイソー」さんは業界ナンバー1の店舗数を誇り全国3300店舗以上(2019年時点)を展開し、海外でも1800店以上展開しています。(ちなみに店舗数では「2位セリア」さん「3位キャンドゥ」さんです。)

コンビニと比較すると「ミニストップ」さんが約2000店舗(2019年時点)なので、それ以上の店舗数があり、きっと皆さんのお宅のお近くにもあるのではないでしょうか。

そんな身近な100均ショップでも干し芋が販売されているという噂を聞き、さっそく近所の「ダイソー」さんの店舗へ伺ってみました。

取り扱い商品数は約70000点を超え、商品の自社開発比率は99%に上るなど、業界トップのダイソーさん。目的の干し芋は販売されているのでしょうか。

店内の食品販売エリアのなかで「よりどり菓子」と書かれた「おつまみ」的な位置付けに近い印象のコーナーでお芋関連商品を発見しました。

ただ、この商品展示形態からは明らかに「むき甘栗」がメイン商品となっているので、正直もう少し「お芋・干し芋」商品も頑張ってほしい所です・・

干し芋の販売エリアをズームで確認してみると、「焼き干し芋」系の商品が2種類と焼き芋やスイートポテトのお菓子などが販売されていました。紫芋のスイートポテトまでラインナップされているとは、さすがの品揃えを誇る「ダイソー」さんですね!

2種類の「焼き干し芋」系の商品のうち、今回はオレンジ色のパッケージが特徴的な「ファーストジャパン」さんの「焼き干し芋」を実食レビューしていきたいと思います。

ファーストジャパン「焼き干し芋」の基本情報(値段・産地・品種ほか)

価格
¥108
名称
ほしいも
原材料
さつまいも
産地 中国
品種
内容量 80g
賞味期限 約10ヵ月
購入場所 ダイソー 店舗
製造者 有限会社 ファーストジャパン
販売者 有限会社 ファーストジャパン
MAP

ファーストジャパン「焼き干し芋」の栄養成分表示(カロリーほか)

エネルギー
308 kcal
タンパク質
4.6 g
脂質 0.4 g
炭水化物 71.3 g
食塩相当量 0.3 g

※100g当たり

ファーストジャパン「焼き干し芋」を実食レビュー

まずパッケージですが、いわゆる「アルミ袋」と呼ばれるアルミを含めた複数の素材からできた袋を使用しています。アルミの性質により、優れたバリア性を持つのが特徴で、湿度や光といった外部環境の影響を避けたい食品の梱包に向いていると言われています。

干し芋は本来、保存食という事で他の食品と比較して品質は変化しにくい方ではあると思いますが、外部の湿気から保護する意味合いで用いられているのかもしれません。

また本商品は賞味期限が約10ヵ月ほどと長い点も特徴で、より外部環境の変化にも対応しやすい包装方法が考えられています。

中身の干し芋の状態が分からない点は残念ですが、パッケージにさつま芋とスティック状にカットされた干し芋の写真がプリントされています。

裏面です。一般的な栄養成分等の記載がありますが、下に大きく「安心・安全 ISO22000」と印字されています。

ISO22000とは?

衛生面を含め、消費者へ安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。HACCP※の内容をすべて含み、さらに品質・環境管理の要素が含まれています。食品へのリスクはどの過程でも起こりうる可能性があるため、対象となるのはフードチェーン(食料の一次生産から最終消費までの流れ)に関わる全ての組織となります。(例:一次生産者・食品製造業者、輸送や保管業者、飲食店などのサービス業者など)

一部抜粋:初心者でもわかる!「ISO22000」とは?

食品工場の衛生管理はもちろん、一次生産者(農家など)も含めた国際規格である点がポイントです。

袋から取り出してみました。焼き芋の干し芋らしい、濃い茶色が特徴です。

写真からもお分かり頂けるかもしれませんが、筋っぽさが残っている点が少し残念で、やはり国産の干し芋と比較して甘みも今一つです。

パッケージのイメージ写真では白い粉が吹いていますが、実際はほとんど吹いていません。

かなり硬めの歯ごたえとなっているので、満腹感を得たい方などにはオススメかもしれません。

ファーストジャパン「焼き干し芋」をツール数値検証

続いて客観的な検証ツールとして糖度計・硬度計を用いて検証を行いました。

(※干し芋は生産時期・環境他要因で仕上がりが異なります。)

糖度(*1)
9.0
°Bx
硬さ(*2)
31.0
HA
厚み 1.0 CM

(*1)使用糖度計(※°Bx値が高いほど一般的に糖度が高い。(例:みかん約12%・りんご約15%など)

 

ファーストジャパン「焼き干し芋」の開封動画

商品のパッケージや柔らかさなど、開封動画でより詳細に解説しています。

ファーストジャパン「焼き干し芋」の口コミ

各種SNSでの口コミ・評判をまとめました。

全国に店舗数も多く、お気軽に購入できる商品という事で口コミやSNS投稿数も多く見かけました。100均でのついで買いや、やはりコストに魅力を感じて購入される方が多い印象です。

ファーストジャパン「焼き干し芋」のまとめ・感想

①特徴まとめ

☑ 中国産のさつま芋を使用

☑ 全国3300店舗以上の「ダイソー」さんで購入可能

②良い点(ここが〇)

良い点

●「ISO22000」の国際規格を取得している。

●「ダイソー」さんは全国にチェーン展開し、店舗数も多く、¥108(税込)という低価格で購入しやすい。

③惜しい点(ここが△)

惜しい点

●国産にこだわる方には適さない。

●塩分が加えられている。

④評価チャート



⑤まとめ

100円均一ショップの「ダイソー」さんでは複数のさつま芋のお菓子が販売されており、2種類販売されていた干し芋商品の内の1つを実食レビューしました。

中国産という事もあり、「塩分」が若干加えられている点に関しては注意が必要ですが、非常に魅力的な価格と店舗数の多さで、最も身近で買いやすい干し芋商品の1つと言えるのではないでしょうか。

1袋80g入りと1回で食べられる量で、そのコスパの良さと共にダイエットや筋トレのお供などと考えればおススメできる商品だと思います。

「ファーストジャパン」さんの「焼き干し芋」を皆さんも是非一度食べてみて下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です