【神奈川】ブロ雅農園 お取り寄せレビュー【食べチョク】

ABOUTこの記事をかいた人

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

▼ 干し芋のご購入はコチラ ▼

このご時世、全国から美味しい食べ物や食材をお取り寄せしたいと考える方も増えているのではないでしょうか?

しかしそんな時皆さん思うのがこんな事。

どれも美味しそうに見えるけど本当に美味しいの??

全国には数多くの農家さんや漁師さん、生産者さんがいらっしゃいます。

その中で本当に美味しい、また自分の求めている味に出会う事は至難の技ではないでしょうか?

そこで干し芋農家ぎんろーが皆様の代わりに全国各地のこだわり生産者さんの自慢の一品をお取り寄せし、実食&レビューをしつつご紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

神奈川 横須賀「ブロ雅農園」とは

今回ご紹介させて頂くのは神奈川県横須賀市で「少量多品目栽培」をされている「ブロ雅農園」さん。

代表の鈴木雅智さんと奥様(副代表)の鈴木寛子さんを中心にこだわりの農業と特徴的な経営をされています。

冒頭で「特徴的な」と形容させて頂きましたが、どういった点に特徴があるかと言いますと・・まずはコチラのツイートをご覧ください。

こんなんバズるに決まっとりますや~ん!

ブロ雅農園は『おもしろ学べる農園』をテーマにされているそうで、各SNSでの積極的な情報発信と共に、独自の感性によって描かれるアート(キャラクター)は繊細にしてダイナミック。

幼稚園に通う娘はさっそくシールを家中に貼りまくっていました。

とにかく一度見たものの心を引き付けてやまない「ブロ雅農園」さんですが、もちろん野菜の品質も一級品。

同封されていたコチラの農園パンフレットをご覧ください。

個人的に最も驚いた部分は、冒頭でもご紹介した通り「年間100種類以上の野菜を栽培している」という部分。

普通の農家はこんなの絶対出来ません・・・

多品種を栽培するにはそれだけの深い知識と経験はもちろん、その手間も数倍以上必要とします。(それぞれの品種に適した環境を整え、上手に栽培するのは至難の技。)

少量品種に絞り込んで大量生産をした方が圧倒的に効率が良いのですが、多品目栽培にこだわって生産をされています。

直売所や飲食店の方との付き合いが多く、飲食店からのリクエストにもお答えしてチャレンジされているそうです。

なぜこんな事ができるのか。その経歴を拝見すると農業大学卒業され、卒業後は農業高校の先生もされていたそう。リクエストに応えるだけの知識と行動力が素晴らしいというか、もはや驚嘆に値します。

これだけ野菜の種類があれば年間通じていつでもブロ雅農園さんの旬の野菜を頂けますね!

他にブロ雅農園さんの農業スタイル・こだわりをまとめると以下の通りです。

ブロ雅農園のこだわり
  • 農薬に頼らない農業 農薬の使用は極力控え、除草剤と農薬による土壌消毒はしない。「農薬不使用」野菜多数。
  • 有機肥料を多く使用 夏場は90%以上、冬場は80%以上、高品質な有機質肥料を使用。堆肥に『お茶の粕』『コーヒー粕』使用。
  • 環境保全型農業・少量多品目農家 年間100種類以上の野菜を栽培。太陽熱処理、コンパニオンプランツ、益虫を活用。

ブロ雅農園の野菜をお取り寄せ

早速お取り寄せし、届いたのがこちら。

段ボール箱にもブロ雅農園さんのイラストが描かれています。

ぎんろーのイラストも描いてある~!似てるかな!?

箱を開ける前から何が入っているかワクワクしてしまいますね。

中を開けてみると・・・ジャン!

たくさんの野菜が詰まっていました!

  • 本春(ホンパル)キャベツ
  • 新玉ネギ(黄)
  • 新玉ネギ(白)
  • 新玉ネギ(紫)
  • ニンニク/ニンニクの芽
  • オカワカメ

オマケに農カード・野菜カード・キャラクターシール・よこすか野菜ガイドブックまで同梱されていて非常に内容盛りだくさん!

ここまでやっている生産者さんは他に無いのでは!?

ブロ雅農園の野菜を実食(感想・レビュー)

こだわりの逸品をさっそく頂きます!

まずは今が旬の本春キャベツから。洗ってカットしただけですが瑞々しさとその柔らかさの違いを感じます。

ブロ雅農園さんでは数ある品種の中でも「本春」にこだわって栽培されているそう。サラダにしても甘くておいしいそうですが、今回はひと手間加えた料理を作ってみます。

続いてこちらの「オカワカメ」。

日本には中国から長寿の薬草として伝わり、葉酸やミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅)ビタミンAを多く含み、栄養価が高いことから健康野菜として注目されています。

出来た料理がコチラ!「春キャベツのペペロンチーノ」と「オカワカメのサラダ」です。

ペペロンチーノの方は本春キャベツの甘さに驚きました!新鮮で瑞々しいキャベツは食感も柔らかく、確かにそのまま食べても間違いなく美味ですし、今回のようにどんな料理にも合いそうです。

オカワカメはそのままだと若干の青臭さがあったりするので、サッと茹でてから「オカワカメのサラダ」にしてみました。

「オクラ」のそれを思わせるようなネバネバとしたぬめりがあり、その名の通りワカメに似た心地よい食感です。ネバっとしてプルプルっとした肉厚な食感です。

続いて「新玉ねぎのオニオングラタンスープ」です。

新玉ねぎを薄く切ったのち、オリーブオイルで炒めてからブイヨンスープを入れて煮詰めてスープは完成。ニンニクを細かく刻んでガーリックパンにして、その上にチーズをのせて焼けばグラタンスープの出来上がりです。

こちらも新玉ねぎの優しい甘さが口中に広がり、ニンニクの香りが食欲をそそります。もともと甘い新玉ねぎを炒める事でその甘さが最大限引き出されています。

最後に「ニンニクの芽の豚バラ炒め」と「紫玉ねぎのサラダ」です。

サラダにはこちらの記事でご紹介させて頂いた、『アリアケスイサン』さんのこだわりの海苔「紫彩(しさい)」をトッピングしてみました。

【福岡】アリアケスイサンの海苔 お取り寄せレビュー【ポケマル/食べチョク】

2021年5月4日

有明の磯の香りと新玉ねぎの甘さが見事に融合した逸品に仕上がっています。

自分でも何度「甘っ!」と言ったか覚えていないほどレベルの高い野菜の数々でした!

ブロ雅農園の口コミ

ブロ雅農園さんの口コミをピックアップしてみました。

やはり皆さんも野菜の甘さに感動しているようですね。

正直どうやって食べても美味しい」、まさにその通りの完全同意です。

まとめ

今回は神奈川県横須賀市の『ブロ雅農園』さんの野菜をお取り寄せした感想をレビューしました。

多品目栽培を実践しつつ、それぞれの作物のクオリティの高さに驚きました。

そして個人的な感想として、Twitterをはじめ各SNSを拝見すると非常に楽しんで農業をされている事が全身で伝わってきます!

農業高校にこんな先生がいたら面白いなと思いつつ、今も自らの農業スタイルで学生はもちろん、他の生産者に対しても自らの背中で教えられているのだと思いました。

次はどんな作物を作ろうか、どんな農業を目指そうか。

ブロ雅農園さんの野菜を頂くと、まるで野菜までワクワクしているような美味しさです!

また農業体験や農福連携の活動にも力を入れられているそうで、そのバイタリティと行動力に脱帽です!

皆さんもぜひ一度、ブロ雅農園さんの自慢の野菜を頂いてみて下さい!!

ブロ雅農園の基本情報(購入先など)

住所
神奈川県横須賀市長井4丁目4111−2
電話 080-3399-3825
営業時間
購入サイト 食べチョク
MAP

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です