スポンサードサーチ

『みらイモ農家 銀篭園』について

トップ画像は当ブログの管理人「ぎんろー」の曽祖父と祖父母です。

『みらイモ農家 銀篭園』は静岡県御前崎で「干し芋」を中心に、さつま芋の耕作及び加工を行っています。

こちらの記事で紹介している通り、干し芋は1800年代半ばに御前崎で考案されたと言われており、
曽祖父の代(もしくはそれ以前から?)から干し芋作りをしている日本最古級の干し芋農家です。

昨年、祖父が亡くなった事をきっかけに、就農しました。
半世紀以上、営農及び加工を行ってきた祖母を中心に家族で干し芋を作ります。

コンセプト・考えていること

今まで伝統農業で作物の栽培を行い、人手による加工を行って来ました。
これからも赤ちゃんからお年寄りまで皆が安心して食べられるようにする事は勿論、
その過程を積極的に発信していきたいと思います。
それが消費者の皆さんに安心を感じ取ってもらえる事に繋がると考えています。

伝統農家を継承しつつ、さらなる発展を目指したいと考えています。
皆さんと共に農家のみらいを考え、あるべき姿を模索するヒントとなるような情報を発信したいと思います。

また、農業を含め地方産業の衰退が叫ばれています。
静岡県も2013年には人口減少数が全国2位となるなど、大きな影響を受けています。

農や食といったシーンから静岡をもっと知ってもらい、盛り上げていきたいと考え、
地方農家の視点から静岡の食・自然との関わり、お薦めスポット等も綴っています。