【焼き干しいも 都のはるか|都食品|実食レビュー】成城石井ほかスーパーなどで購入できる!鹿児島産の干し芋

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

コンビニやスーパーなどの量販店から個人農家さんまで、日本全国各地には数多くの干し芋が製造・販売されています。

さつま芋の品種から製造方法、パッケージなどバリエーション豊かな干し芋ですが、それだけ数が多いとどれが美味しいのか・どれを購入するべきか悩んでしまいます。

どの干し芋が一番美味しいの!?

そんな疑問にお答えすべく、離乳食から干し芋を食べ始め、干し芋歴約40年の干し芋農家ぎんろーが各ブランドで販売されている干し芋を実食レビューを交えてご紹介します。

スポンサードサーチ

都食品「焼き干しいも 都のはるか」とは(どこで買える?)

干し芋の生産で有名な茨城県は全国の約9割ほどを生産していると言われています。

ダントツの生産高を誇る茨城ですが、それに次ぐ第2位が我らが静岡県です。続く第3位は伊勢志摩などの地域で「きんこ芋」などの名称でも有名な三重県がランクインしており、4位長崎県、5位鹿児島県と九州勢が続きます。

一方、純粋にさつま芋の生産高を見ると、2位の茨城県に大きく差をつけてトップを走るのが「鹿児島県」です。鹿児島は芋焼酎などでも有名ですが、でん粉・焼酎用などといった工業用のものが多いそうです。

そんな干し芋としては比較的貴重な部類に入る鹿児島県産の干し芋を発見したのがこちらのスーパーマーケット「成城石井」さん。

東京都を中心に駅ビルなどに店舗を展開する高級スーパー「成城石井」さんは高級住宅街として有名な東京都世田谷区成城で、食品スーパーとしてスタートし、今や170店舗以上を展開する大手スーパーマーケットチェーンです。ワインやチーズなどの輸入食料品を多数取り扱い、利便性も高いロケーションに店舗を構える事もあり利用される方も多いのではないでしょうか。

そんな多数の商品を取り扱う「成城石井」さんの乾燥食品コーナーでこちらの干し芋を発見しました。

こちらは鹿児島県のさつま芋加工品製造販売業「都食品」さんの焼き干し芋「都のはるか」というスティックタイプの干し芋です。

「都食品」さんは昭和32にでん粉製造販売事業をスタートされ、 平成9年に焼き芋の製造・販売を開始されています。

干し芋の原料として使用するさつま芋は土づくりからこだわった自社圃場と契約農家で栽培されたものを使用しており、貯蔵庫でじっくりと熟成させた後に加工されています。

原料となるさつま芋をまずじっくりと時間をかけて焼き芋にした後、食べやすいスティック状にカットし、自然乾燥に近い衛生的な冷風乾燥機の中でじっくりと乾燥し、干し芋に仕上げた商品だそうです。

蒸して作る干し芋が一般的の中で中国産の干し芋では幾つか焼き芋の干し芋もありますが、国産の焼き芋の干し芋はなかなか珍しい部類に入ります。

今回はそんな「都食品」さんの「都のはるか」を実食レビューしていきたいと思います。

都食品「焼き干しいも 都のはるか」の基本情報(値段・産地・品種ほか)

価格
¥540
名称
干し芋
原材料
さつまいも
産地 鹿児島県
品種 紅はるか
内容量 120g
賞味期限 約3ヵ月
購入場所 成城石井
製造者 株式会社 都食品
販売者 株式会社 都食品
MAP

都食品「焼き干しいも 都のはるか」の栄養成分表示(カロリーほか)

エネルギー
303 kcal
タンパク質
3.1 g
脂質 0.6 g
炭水化物 71.9 g
食塩相当量 0.04 g

都食品「焼き干しいも 都のはるか」を実食レビュー

まずパッケージですが、黄金色に輝く袋が非常に目立ちます。また産地と使用している品種「紅はるか」も明記されています。

内容量は120gと比較的スタンダードな量なので、袋のサイズも一般的と言えるでしょう。中の干し芋はかなり白い粉が吹いている事が確認できます。

裏面です。こちらは真っ赤なパッケージとなっていて目立ちますね。焼き芋の干し芋という事で、製造する過程「焼き芋にした後で干し芋に仕上げた」と書かれています。

袋から取り出してみました。白い粉が吹いていますが、ツブツブ状の白い粉が全体に満遍なく付いていて、一般的な蒸して作る干し芋には粉雪のような吹き方もありますが、それとはとはまた少し異なった粉の吹き具合です。

微妙な差ですが、干し芋にも個性があって面白いです、

干し芋の両サイドが湾曲してカットされていて、一般的なピアノ線を張った裁断機ではない、特殊な機械でカットされているものと推察されます。長さも11~12cmでほぼ統一されていて、機械でくり抜いたような感じです。

水分量が比較的少なめで紅はるかの干し芋としてはしっかり乾燥されており、ネットリ系というよりはホクホク系に近い印象を受けます。しっとり系がメインの紅はるかの中で、ここまでしっかり乾燥されたものは珍しいと思いますが、この辺が「焼き芋の干し芋」である特徴と言えるでしょう。

もちろん甘みは十分で、適度な柔らかさがあり、自社圃場でこだわって育てたさつま芋と、それを熟成させて加工されているこだわりを十分感じられる干し芋に仕上がっています。

都食品「焼き干しいも 都のはるか」をツール数値検証

続いて客観的な検証ツールとして糖度計・硬度計を用いて検証を行いました。

(※干し芋は生産時期・環境他要因で仕上がりが異なります。)

糖度(*1)
14.5
°Bx
硬さ(*2)
11.5
HA
厚み 0.8~1.2 CM

(*1)使用糖度計(※°Bx値が高いほど一般的に糖度が高い。(例:みかん約12%・りんご約15%など)

 

都食品「焼き干しいも 都のはるか」の開封動画

商品のパッケージや柔らかさなど、開封動画でより詳細に解説しています。

都食品「焼き干しいも 都のはるか」の口コミ

各種SNSでの口コミ・評判をまとめました。

とてもやわらかくて、ねっとり、もちっとしています。甘さも期待どおり(*^_^*) 残念なのは、やはり数が少ないこと。うっかりすると一気に食べきってしまいそうだし、1日1本としても4〜5日しかもたない。

一部抜粋:にゃ? にゃ! にゃ!!

焼き芋の干し芋ならではの甘さを評価する声が多数上がっていました。焼いてから干すという工程で作られていますが、柔らかさ・モチっと食感は失われていない点も良いですね。

都食品「焼き干しいも 都のはるか」のまとめ・感想

①特徴まとめ

☑ 鹿児島県産「紅はるか」を使用

☑ 焼き芋にした後、スティック状にカットし、冷風乾燥機で乾燥

②良い点(ここが〇)

良い点

●焼き芋の干し芋ならではの濃厚な甘味・糖度の高さ。

●衛生的な冷風乾燥機で乾燥・製造されている。

③惜しい点(ここが△)

惜しい点

●天日乾燥によるさつま芋の風味を感じたい方には不向き。

④評価チャート



⑤まとめ

国産の中では比較的珍しい鹿児島県産のさつま芋を使用した干し芋で、また焼き芋の干し芋という事で実はかなり珍しい干し芋と言えるのではないでしょうか。

機械でスティック状にカットしており、また冷風乾燥機で乾燥させるなど、かなり自動化・機械化された生産工場で作られている新しい干し芋の特徴を感じました。

「都食品」さんの「焼き干しいも 都のはるか」を皆さんも是非一度食べてみて下さい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です