【小粒な干しいも|福田商店|実食レビュー】成城石井などで購入できる!持ち運びに便利なチャック付き!

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

▼ 干し芋のご購入はコチラ ▼

▼ お得なクーポン配布中 ▼

コンビニやスーパーなどの量販店から個人農家さんまで、日本全国各地には数多くの干し芋が製造・販売されています。

さつま芋の品種から製造方法、パッケージなどバリエーション豊かな干し芋ですが、それだけ数が多いとどれが美味しいのか・どれを購入するべきか悩んでしまいます。

どの干し芋が一番美味しいの!?

そんな疑問にお答えすべく、離乳食から干し芋を食べ始め、干し芋歴約40年の干し芋農家ぎんろーが各ブランドで販売されている干し芋を実食レビューを交えてご紹介します。

スポンサードサーチ

福田商店「小粒な干しいも」とは(どこで買える?)

干し芋生産量日本一で全国の9割が茨城県で生産されていると言われています。圧倒的ダントツの1位で、首都圏をはじめ全国的にも「干し芋=茨城」のイメージが定着していると思います。

ただ、全国各地で干し芋の生産は行われており、茨城の約1/10ほどの生産量ですが、第二位の干し芋生産高を誇るのが「干し芋発祥地」であり、我が銀篭園のある「静岡県」です。

静岡県の中でも西部地域に該当し、遠州地区の掛川市に本拠地がある「福田商店」さんはこの地で80年以上続く、老舗の干し芋専門店です。

遠州地方に江戸時代から伝わる製法を守りながら、全て手作りで干し芋作りをされています。もちろん干し芋に使用するさつま芋は自社の農園での栽培された遠州産を使用しています。

そんな「福田商店」さんの干し芋を発見したのがこちらのスーパーマーケット「成城石井」さん。

東京都を中心に駅ビルなどに店舗を展開する高級スーパー「成城石井」さんは高級住宅街として有名な東京都世田谷区成城で、食品スーパーとしてスタートし、今や170店舗以上を展開する大手スーパーマーケットチェーンです。ワインやチーズなどの輸入食料品を多数取り扱い、利便性も高いロケーションに店舗を構える事もあり利用される方も多いのではないでしょうか。

そんな多数の商品を取り扱う「成城石井」さんの乾燥食品コーナーでこちらの干し芋を発見しました。

まず目に留まるのはその珍しい形状。

メジャーな平干しでもなく丸干しでもない、角切り状をさらに細かくカットした、いわばサイコロ状と言った表現が正しいでしょうか。

チャックも付いた小袋がコンパクトで持ち運びもし易そうです。

今回はそんな「福田商店」さんの「小粒な干しいも」を実食レビューしていきたいと思います。

福田商店「小粒な干しいも」の基本情報(値段・産地・品種ほか)

価格
¥378
名称
甘藷蒸切干
原材料
さつまいも
産地 静岡県産
品種
内容量 80g
賞味期限 約2ヵ月
購入場所 成城石井
製造者 有限会社 福田商店
販売者
MAP

福田商店「小粒な干しいも」の栄養成分表示(カロリーほか)

エネルギー
263 kcal
タンパク質
1.8 g
脂質 0.7 g
炭水化物 65.2 g
食塩相当量 0.1 g

※100g当たり

福田商店「小粒な干しいも」を実食レビュー

まずパッケージですが、内容量も80gという事で比較的コンパクトサイズです。中央には透明な窓があり、中の干し芋の様子が確認できるようになっています。

手で簡単にカットできるように切込みが入っており、またチャック付きである点も特徴的です。まさに持ち運びに最適といった印象の、考えられたパッケージとなっています。

産地も「静岡県遠州産」と明記されています。

サイコロ状の一口サイズにカットされた干し芋は白い粉がしっかりと吹いています。中身の干し芋は昔ながらの素朴な味に近いのでしょうか。

裏面です。「一度開封したものは2日以内にお召し上がり下さい」と注意書きがあります。湿気は干し芋の大敵なので、開封後は早めに食べきった方が良さそうです。

袋から取り出してみました。1cmほどにカットされたまさに「小粒」な干し芋は表面に白い粉は吹き、シルキーな干し芋に仕上がっています。

実食した感想として、手でつまんでオヤツ感覚で食べやすい点はもちろん、表面の粉(糖分)の優しい甘さが口中に広がります。

また角切り、サイコロ状の干し芋の特徴でもありますが、適度な歯ごたえもあって食感の心地よさも光ります。

甘さはやや控えめな印象はありますが、持ち運びや食べやすさと言った部分にフォーカスしたこの商品は、この適度な甘さが利点でだと思います。

ネットリ・ベットリ系の干し芋ではこの食べやすさ、気軽さは実現できないと感じます。

「福田商店」さんでは他にも「いずみ」や「クイックスイ−ト」などを使用した商品など多数販売されていますので、各方面のニーズを捉えている印象を受けました。

福田商店「小粒な干しいも」をツール数値検証

続いて客観的な検証ツールとして糖度計・硬度計を用いて検証を行いました。

(※干し芋は生産時期・環境他要因で仕上がりが異なります。)

糖度(*1)
12.5
°Bx
硬さ(*2)
16.5
HA
厚み 0.5~1.5 CM

(*1)使用糖度計(※°Bx値が高いほど一般的に糖度が高い。(例:みかん約12%・りんご約15%など)

 

福田商店「小粒な干しいも」の開封動画

商品のパッケージや柔らかさなど、開封動画でより詳細に解説しています。

福田商店「小粒な干しいも」の口コミ

各種SNSでの口コミ・評判をまとめました。

全国的に販売されている商品ですが、意外とSNSでの投稿は少なめでしたが、複数の干し芋商品を購入された方の中で高評価が多い印象です。

福田商店「小粒な干しいも」のまとめ・感想

①特徴まとめ

☑ 静岡遠州産、自社農園のさつま芋を使用

☑ サイコロ状にカットし、チャック付きのパッケージで持ち運びがし易い

②良い点(ここが〇)

良い点

●食べたいときに気軽に食べられる利便性の高さ。

●サイコロ状カットによる適度な歯ごたえ・適度な甘さ。

③惜しい点(ここが△)

惜しい点

●昨今人気のベットリ・しっとり系の干し芋ではない。

④評価チャート



⑤まとめ

今回実際に頂いてみて子供のおやつにも最適な商品だと感じました。添加物なしの自然食品で、サイコロ状の為、適度な硬さもあって顎の発達にも良さそうです。

また持ち運びの利便性を考えられているポイントも大きく、ダイエット中など小腹が空いた時に少しつまんで頂くのも良いのではと感じますし、甘さはやや控えめな印象である事もあり、最適な選択肢の1つでしょう。

「いずみ」や「クイックスイ−ト」などを使用した干し芋も製造販売されているので、機会があればそちらも頂いてみたいと思います。

「福田商店」さんの「小粒な干しいも」を皆さんも是非一度食べてみて下さい。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です