【かっぽしテラス(粟ヶ岳 世界農業遺産 茶草場テラス)|掛川】大パノラマのテラス席で頂く東山茶とランチ

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

掛川 栗ヶ岳「かっぽしテラス(茶草場テラス)」とは

皆さんは「世界農業遺産」という言葉を聞いたことはありますか??

世界農業遺産とは、世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)を、国際連合食糧農業機関(FAO)が認定する制度の事です。

現時点(2019年)では国内23件が認定されており、うち静岡県では以下2件が認定されています。

静岡県の世界農業遺産

静岡県掛川周辺地域 「静岡の茶草場農法」(平成25年)

静岡県わさび栽培地域 「静岡水わさびの伝統栽培」(平成29年)

世界農業遺産「静岡の茶草場農法」とは?

静岡県の掛川市、菊川市、島田市、牧之原市、川根本町の4市1町では、県の特産品であるお茶の栽培を「茶草場農法」と呼ばれる独自の伝統農法で栽培しています。茶畑の周りに点在する草地(茶草場(ちゃぐさば))からススキなどの草を刈り取って、秋から冬にかけて茶畑に敷く農法で、茶草を敷くことで樹勢が良くなり、美味しいお茶になると言われています。
茶草は茶畑の土壌を豊かにし、土壌流出を防ぐ等の効果から地域の茶栽培に欠かせないものであるとともに、豊穣祈願のお供えとして地域の伝統文化の中にも利用されています。また、茶草を刈り取ることで維持されてきた草地には希少な生物が数多く生息しています。美味しいお茶を作るための農家の取組が同時に豊かな動植物を育んでいます。

一部抜粋:農林水産省HP

今回ご紹介する「かっぽしテラス(茶草場テラス)」は、「静岡の茶草場農法」として認定された掛川市に2019年5月30日に新しくオープンした施設です。

粟ヶ岳という山の山頂付近に作られた施設では、眼下には伝統的農法である「茶草場農法」が培ってきた広大な茶園が織りなす美しい風景をはじめ、富士山、空港、伊豆半島、駿河湾や南アルプスなどが一望できます。

施設1階では、地元の食材をふんだんに使用したカフェ・食事処が併設されており、地元掛川東山のお茶と共にここでしか味わえない逸品を楽しむ事ができます。

人気メニューはこちらの「かっぽしランチ」で、静岡県のブランド豚「金豚王」を使用しています。

またテラスがある「栗ヶ岳」は「茶文字」の山としても知られていて、 新幹線や東名高速を走る車窓や空港から見える「茶」文字がある場所としても有名です。

茶文字を見ながら、ふもとから約2時間ほどのハイキングコースもあります!

アクセス

掛川方面や島田方面からなどアクセス方法は幾つかありますが、例えば国一バイパスからの場合、「八坂I.C」が最寄になるかと思います。

第二東名の方向へ北上する形で道沿いを進むと、「東山いっぷく処」さんが見えてきます。

ここが栗ヶ岳頂上の「かっぽしテラス(茶草場テラス)」を目指すベースキャンプ地となります。

お店の角に道案内の看板がありますので、案内に従って左折します。

そうすると広い駐車場が用意されています。ここから先はかなり狭い道となりますので、極力乗り合わせで登った方が良いです。

またトレッキングやハイキングで登る方もこちらの駐車場に車を置いて登る方が多い印象です。

山道をおよそ車で15分ほど登ります。途中、かなり狭い箇所もありますが、所々にすれ違いが出来るスペースが用意されています。

山頂には複数の駐車場が用意されていて、十分な広さが確保されています。

展望デッキ他施設の様子

ここまでの写真でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、訪れた日は台風が絶賛接近中です。

視界が10Mとかそれに近いような状況です!逆に奇跡!

これでもだいぶ霧が晴れた合間を狙って撮っていますが、時折強風&豪雨に襲われながらの取材です。

こちらがかっぽしテラス周辺のマップと景観情報です。

「遠州七不思議」としても有名な「無間の井戸」もすぐ裏手にあります。

テラス下には平成27年に開催された「静岡の茶草場農法推進協議会」歓迎イベントの際に記念植樹された「ゆめするが」が植えられています。

テラス建物の裏手から階段を利用して二階へ上がることができます。

展望デッキの手前の建物は中に入る事ができます。

螺旋階段を上ると上に小さな展望席があります。栗ヶ岳周辺で撮影された風景や植物の写真も展示されていました。

観光はもちろん、家族で遊びに来ても楽しめるスポットです。

お店へお邪魔します

テラス周辺を一通り観光した後はカフェへお邪魔します。

本来であれば眼下に広がる絶景を眺めながら食事ができるはずですが、本日は時折襲来する暴風雨に備えてドアも半開きの状況です・・

店内は地元掛川東山のお茶の販売コーナーもあります。

夏季限定で日光の天然氷を使用したかき氷もラインナップに加わっていました。

コンパクトな店内ですが、天気が良い日であればテラス席での絶景を眺めながら食事ができる・・・筈です。

メニューは?

こちらが基本メニューです。地産素材を使用した「かっぽしランチ」は11:00~14:00の時間限定で数量も限定となりますのでお早目の訪問をおススメします。

「かっぽしランチ」に使用されている豚肉は静岡産ブランド豚「金豚王」を使用しています。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

くつろぎお抹茶セット(東山茶/緑茶ようかん) ¥450

掛川東山の抹茶と、緑茶のようかんがセットになっています。東山のお茶は深蒸し茶として有名です。

世界で希少な農業地域の農家とともにある東山茶は、生物多様性保存貢献度が最上位の3葉ランク認定者のみで栽培されています。(茶草場農法実践者によって生産されたお茶には生物多様性保全貢献度シールが添付されており、ランクが高いほど広く茶草場を管理していることになる。参考HP

また抹茶の器ですが、棚にある茶碗からお好きなものを選ぶ事ができます。

綺麗な器や珍しい色の器があり、眺めるだけでも興味深いと感じました。

かっぽしランチ ¥1100

地元の食材にこだわり、地元のお母さん・お父さんが作るランチです。温かい卵のスープがセットに付き、サラダの野菜も新鮮でポテトサラダも手作り感がある美味しさです。

もちろん静岡産ブランド豚「金豚王」を使用した生姜焼きも鉄板の美味しさで、一口噛むとジューシーな美味しさが広がります。

天ぷら蕎麦 ¥550

山に登ると何故かうどんやそばが食べたくなりますね。汗をかいて体が塩分を欲するのでしょうか。身体に染み入る美味しさです。

また食事をすると、緑茶のサービスがあり、アサガオ型の器で地元のお茶を頂く事ができます。

まとめ

今回は掛川市栗ヶ岳「かっぽしテラス(茶草場テラス)」さんをご紹介しました。

今回は残念な天候でしたが、雲海のような景色が見られる事もあると、お店の方が教えて頂きました。

駐車場からお店へ辿り着くまでの数十メートルを走っただけでも濡れてしまい、見かねたお店の方がタオルを貸して頂きました。

地元のお母さんやお父さんが中心になって運営されている食事処・カフェで、こうした小さな心配りが非常に嬉しく、心温まる、応援したくなるお店です。

毎日、栗ヶ岳の頂上まで登っている90歳近いお年寄りの方もいらっしゃるようで、東山のお茶と共に健康の秘訣になっているのかもしれません!

今回の取材では健康長寿の町、掛川を実感するシーンが多かったです。お茶文字を眺めながらハイキングで訪れてみても面白いかもしれません。天気が良い日にまた訪問させて頂きます!

基本情報

住所
掛川市東山1051-1
電話0537-27-0845
営業時間10:00~16:00(L.O15:00)
定休日月曜日
アクセス東名掛川I.Cより車約35分
駐車場有り
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 10選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!超絶おススメ店一覧

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

2019年5月1日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です