【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

地元の元お茶農家が選ぶ『静岡県のお茶カフェ』をまとめてご紹介!

静岡と言えばお茶お茶と言えば静岡!

その静岡の中でも最も有名なお茶の産地の1つである「牧之原市」の元お茶農家が静岡のお茶カフェをご紹介します。

▼銀篭園のプロフィールはこちら▼

銀篭園と管理者ぎんろーの自己紹介

2018年2月22日

全国有数のお茶処 静岡県には、県西部~県東部まで本当に数多くのお茶を取り扱うお店があります。

今回はそのなかでも特におススメなお店を県内各地からセレクションしてまとめてみました。

全店舗、実際に行って味わって詳細に記事にしています。

気になったお店があれば是非、各店舗の詳細記事と併せてご覧ください!

お好みのお茶カフェ・静岡茶を探す 🔎

【 PICK UP お茶カフェ】 県内各地オススメ静岡駅周辺オススメ

【 お茶カフェ 地域別検索 】  静岡県西部静岡県中部静岡駅周辺静岡県東部

【 静岡茶を知る】 産地ごとの特徴・ブランド(市町村別)

【 静岡茶イベント】 茶氷プロジェクト茶氷フェス

【 静岡茶商品】静岡茶ボトル飲料ランキング

地元の元お茶農家が選ぶ『静岡お茶カフェ』 15選+α

No.1  和カフェ 茶楽(静岡市清水区興津)

先頭を切ってのご紹介は「和カフェ 茶楽」さん。2005年に興津の地でお茶カフェを始められたという、いわば静岡お茶カフェの元祖とも言うべき、パイオニア的存在です。

今でこそ一般的となったお茶カフェですが、茶楽さんの存在無しにはここまで人気・認知度が上がることもなかったかもしれません。

提供されるお茶は産地にこだわり、静岡でも初倉や森町、掛川や菊川など山間部のお茶を中心に使用されています。

さらにお茶だけではなく、四季折々の食材を使用したランチも提供されています。

静岡の伝統が息づく東海道の宿場町「興津」で静岡茶渾身の1杯を頂いてみて下さい。

【和カフェ 茶楽|清水区】伝統の街 興津からお茶カフェのパイオニア

2019年1月6日

No.2  茶菓きみくら(丸山製茶)(掛川市)

「和カフェ 茶楽」さんに続き、こちらも県西部では老舗の「茶菓きみくら(丸山製茶)」さん。

昭和8年の創業と、掛川の地で歴史と伝統のある製茶会社「丸山製茶」さんの運営です。超絶人気店で、特に週末は駐車場にも入れないケースもあるほど。

風情のある庭園をはじめ、純和風に彩られたお店で頂く厳選された掛川茶とお茶スイーツの数々に脱帽です。

【茶菓きみくら(丸山製茶)|掛川】老舗製茶会社の純和風カフェ(混雑状況とお得なクーポン有)

2018年12月29日

新店舗として掛川大池公園内に新しく「KIMIKURA CAFE(きみくらカフェ)」さんもオープンしていますので併せて要チェックです!

【KIMIKURA CAFE きみくらカフェ|掛川】製茶所直営!大池公園のお洒落なお茶専門カフェ

2018年12月20日

No.3  佐野製茶所 製茶所サロン(富士市)

お茶とともに静岡と言えば「富士山」が有名です。目の前に広がる雄大な富士山と茶畑を眺めながら厳選された一杯を頂けるのが「佐野製茶所 製茶所サロン」さん。

もともと製茶所としてお茶の販売されていましたが、お茶カフェをオープン、人気店になっています。お茶はもちろん、お茶請けの和菓子や木製茶筒など全てにおいてセンスが光ります。

また、「焙烙(ほうろく)」という器具を使用して自分で玄米を煎るなど、体験型のお茶カフェとしても秀逸です。

これぞ日本の!静岡のお茶カフェだ!」と声を大にして叫びたくなるお茶カフェです。

【佐野製茶所 製茶所サロン|富士】富士山と茶畑の圧倒的ライブ感!「ザ・Japanese Green Tea Cafe」

2018年12月8日

No.4  Tea time まるは(掛川市)

掛川の「お茶畑や」である松下園さんがはじめられたお茶カフェ「Tea time まるは」さん。

掛川の自園で無農薬で栽培されたお茶を使用したスイーツはもちろん、オリジナル茶器「富士に口づけ」を使用した飲み方も提案されています。

日々の健康に寄り添う、身近な存在として「お茶」を捉え、お茶農業の継承を目指している姿勢が素晴らしいと感じます。

【Tea time まるは|掛川】お茶農家が始めたお茶カフェ 無農薬栽培の掛川茶を使用した絶品スイーツ

2018年12月16日

No.5  san grams(サングラム)本店 グリーンティー&ガーデンカフェ(菊川市)

静岡マルイ1階にある「サングラム 丸井静岡店」さんの本店が菊川駅前にあるこちらのお店です。

【san grams(サングラム)マルイ静岡店|葵区】バイクとお茶の共通点!?単一農園の茶葉を使用したシングル茶の秘密とは

2018年6月1日

菊川の本店ではお店の代名詞である「シングル茶」はもちろん、このような素敵な彩りのランチを頂く事ができます。

また「ガーデンカフェ」の名の通り、広い中庭があります。四季折々に変化する庭を眺めながら素敵なティータイムをお過ごしください。

【san grams(サングラム)本店 グリーンティー&ガーデンカフェ|菊川】静岡の新鮮野菜と食材使用!お茶とともにインスタ映えランチを

2018年12月15日

No.6  まるよ茶屋(御前崎市)

銀篭園の地元に隣接する御前崎市にある「まるよ茶屋」さん。品評会で受賞歴のある、創業70年の歴史のあるお茶屋さんが運営するお茶カフェ。

御前崎のブランド茶「つゆひかり」をはじめ、遠州ブランド米「ミルキークイーン」、遠州ブランド牛「夢咲牛」など食の地産地消に取り組んでいます。

こちらの広い芝生の中庭を備え、夏にはビアガーデンが開催されるなど地域の情報発信基地コミュニティーとして御前崎の活性化に取り組まれています。

【まるよ茶屋|御前崎】お茶屋さん直営のお洒落カフェで頂く地産地消ランチ

2018年8月16日

No.7  SANOWA サノワ丸玉園 登呂田店(焼津市)

1950年の創業から長い歴史をもつ老舗茶匠「丸玉園」さんが『若い世代のお茶離れ』という課題に取り組んだ新ブランド「SANOWA」のカフェです。

写真のような素敵なお茶スイーツをはじめ、「ストロベリーフラッペ」など、見て美しい・食べておいしいスイーツを提案されています。

緑茶の苦みやイチゴの酸味を含めた、素材そのものの美味しさや魅力が詰まったカフェです。

【丸玉園 登呂田店 SANOWA サノワ|焼津】老舗茶匠の想いが生んだお茶の輪を繋げるカフェ

2019年2月16日

No.8  T’s green(ティーズグリーン)(静岡市安倍川)

JR安倍川駅から徒歩約10分とアクセスにも優れたお茶カフェ。

焼き団子やおしるこ、パフェなど様々なメニューが提供されていますが、特筆すべきは、もはや「芸術の域」にまで高められた洗練されたお茶料理の数々。

静岡茶チョコフォンデュ 彩り茶づけ 和紅煎」などは「これがお茶漬けなの!?」と驚愕するレベルです。

【T’s green(ティーズグリーン)|安倍川】だんごやかき氷が大人気のお茶カフェ 茶米プロジェクトとは?

2019年1月6日

No.9  さすき園(島田市)

こちらもお茶の名産地、島田市初倉にあるお茶カフェです。「島田市緑茶化計画」に参画し、町をあげてお茶の活性化に取り組んでいます。

そのなかでもこちらのお店は明治20年創業の創業から120年以上に渡りお茶づくりを付けけて来た老舗、大塚製茶さんが運営をされています。

広い中庭にはアスレチックやさらに足湯まで完備されており、子供連れやドライブの小休止にもおススメです。

【さすき園|島田 初倉】足湯にアスレチックにとろろまで!?老舗お茶屋さんのカフェ!

2018年12月12日

No.10  MATCHA PLACE(佐藤園)(静岡市葵区)

静岡茶発祥の地、「本山地区」の製茶メーカー「佐藤園」さんが営むお茶カフェです。

藁科川の上流域に位置する本山は、山間地の茶園は川霧につつまれ、良質の茶葉を育みます。

隠れ家カフェのような雰囲気がある店内では静岡初「抹茶ピンス」が提供されます。

みどり豊かな環境で、ドライブの小休止にも最適なお茶カフェです。

【佐藤園 MATCHA PLACE|葵区】静岡茶発祥の地「本山」で頂く抹茶ピンスとは!?

2018年12月31日

No.11  雅正庵(小柳津清一商店)(静岡中部5店舗)

静岡の製茶問屋、「小柳津清一商店」さんが県内中部を中心に5店舗を展開する「雅正庵」さん。

フォトジェニックな抹茶スイーツの数々に驚きますが、それに留まらず「抹茶オムライス」に「抹茶生パスタ」と静岡茶のフードメニューも頂けます。

また、「鞠福」などお土産としても秀逸な品揃えとなっていますのでぜひ併せてチェックしてみて下さい。

抹茶のお土産スイーツとしては個人的にトップレベルだと思っています。

【雅正庵|葵区 千代田】小柳津清一商店 お茶のスイーツにお茶料理 抹茶のお土産 鞠福が超絶おススメ!

2018年12月3日

No.12  蓬莱橋897.4(やくなし)茶屋(島田市)

「世界一長い木造歩道橋」としてギネス社の認定を受けている「蓬莱橋」のたもとに新しくオープンした「蓬莱橋897.4(やくなし)茶屋」。

島田産のお茶を「浅蒸し or 深蒸し」×「火香強 or 火香弱」の4種類の組み合わせから選ぶことができます。

またお茶だけでなく、「島田市緑茶化計画」のオリジナルブランド商品や小物など、地元島田の魅力が凝縮されたお店となっています。

【蓬莱橋897.4(やくなし)茶屋|島田】島田市緑茶化計画! 蓬莱橋のたもとにオープンした茶屋から島田茶の魅力発信

2018年8月10日

No.13  日本平夢テラス カフェラウンジ(静岡市駿河区)

こちらも観光地に隣接するタイプのお茶カフェで、静岡有数の観光地・景勝地である日本平山頂の「日本平夢テラス」2階にオープンした「日本平夢テラス カフェラウンジ」です。

日本平夢テラス限定煎茶」が提供され、「日本平茶漬け」など食事メニューも揃っています。

地元の人はもちろん、県外から観光にいらっしゃったゲストの案内には間違いないカフェ・スポットです。

【日本平夢テラス カフェ|清水区】カフェラウンジを詳細に解説!食事メニューにお茶漬けも!

2018年11月17日

No.14  TABI CHA FE(タビチャフェ)(静岡空港・牧之原市 島田市)

富士山静岡空港」のリニューアルに伴い、空港内2階フロアにオープンした「TABI CHA FE(タビチャフェ)」さん。

静岡特産のお茶や抹茶スイーツはもちろん、コーヒーやアルコール、軽食も用意されています。

空港を利用される方の待ち時間にはもちろん、飛行機に乗る予定がない方にも静岡空港の観光にぜひ足を運んで頂きたいと思います。

【富士山静岡空港 リニューアルVol.1】フードコートFSZ・土産物しずおかマルシェがオープン お茶カフェ「TABI CHA FE(タビチャフェ)」やラウンジも

2018年12月10日

No.15  ふじのくに茶の都ミュージアム  カフェレストラン丸尾原(島田市)

2018年にオープンした「ふじのくに茶の都ミュージアム」の2階にある「レストラン丸尾原」さんでは自社茶園の鮮度の高いお茶の新芽や、粉末緑茶、上級茶の茶ガラ等を食材とし、お茶をまるごと食べる提案をされています。

「煎茶の天塩でいただくお茶の新芽の天ぷら」、「お茶新芽と桜海老とのかき揚」、「煎茶を使った茶そば」、「お茶の佃煮」、「茶飯」など静岡茶を使用したメニューがフルラインナップされています。

ここに来れば「静岡茶の全てが分かる」と言っても過言ではないでしょう。ワンコインの「お茶ドリンクバー」もおススメです。

【ふじのくに茶の都ミュージアム|島田 】お茶農家がオープン超速報解説!!レストラン丸尾原も併設

2018年4月1日

No.16  KIMIKURA CAFE きみくらカフェ(掛川市)

No.2でご紹介した「茶菓きみくら」さんと同様「丸山製茶」さんの直営店舗「きみくらカフェ」さんです。

【茶菓きみくら(丸山製茶)|掛川】老舗製茶会社の純和風カフェ(混雑状況とお得なクーポン有)

2018年12月29日

「茶菓きみくら」さんは純和風のお茶カフェなんですが、こちらのお店ははその名前の通り、洋風なお店の造りになっており、タピオカドリンクをはじめ、タルティーヌやマフィンなど若い方をメインターゲットとしたお洒落なお茶カフェとなっています。

洗練されたスタイリッシュなお茶カフェで、近所にあったら毎日でも通いたい程のお店です。

【KIMIKURA CAFE きみくらカフェ|掛川】製茶所直営!大池公園のお洒落なお茶専門カフェ

2018年12月20日

まとめ

今回は静岡県内の主に郊外にあるオススメのお茶カフェをご紹介しました。

気になったお店があれば詳細記事と併せて是非ご覧ください!

お茶カフェ好きの方はもちろんですが、「お茶は家では飲むけど、お茶カフェは行ったことがない」という「隠れお茶カフェファン」の方々にも足を運んでみて頂きたいお店ばかりです。

専門店の静岡茶ってこんなに美味しいの!?

と感動するに違いありません!

お店ごとに異なる様々なこだわりや特徴があって非常に面白いと思いますので、是非あなたの目と舌でご確認下さい。

非常に個性的で魅力溢れるお店ばかりで、静岡お茶カフェの魅力が凝縮されています。

静岡県外の観光の方はもちろん、国外からのお客様にも喜ばれるのでは!?

静岡へいらっしゃった際は、是非こちらの記事を参考にして静岡のお茶カフェを楽しんで下さい!

※静岡駅周辺のお茶カフェはこちらの記事をご覧ください↓

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 14選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です