【ハルイチスタイル|浜松 東区】いいものを選んで生きよう メイドイン浜松にこだわったお店

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

浜松市 東区 遠州の地元クリエイターによるお店創り「ハルイチスタイル」とは

浜松市東区に地元のクリエイター・地元企業による「地産」にこだわったお店、「ハルイチスタイル」さんがあります。

こちらのお店のコンセプトは「いいものを、選んで、生きよう。」。
食べること、を含め生活を営んでいくなかで人は何かを選択しながら生きている。

生活とはその選択結果の集合であり、「より良い」選択をし続けられれば、人生は豊かになるはずという考え方の元、お客様に「美味しくて、健康的で、気持ち良い」生活を提案しています。

単に「食」だけに留まらず、生活にまで言及されている理由はお店に行ってみると理解できます。
こちらのお店、「marusu living products」という家具屋さんと同店舗に食事処があります。

食事スペースを「茶の間」と題し、地元の生産者が作るこだわりの食材を使用しています。
素材が持つ美味しさを生かしつつ、生産者のこだわりを最大限に生かした料理を提供されているとのこと。

フロアマップです。このように家具・インテリアのお店とカフェ・食事スペースが一体となっている造りになっています。

一部抜粋:http://www.haruichi-style.com/concept/

インテリア・造園・家具等、すべて地元浜松のデザイン・素材・技で仕上げたというこだわり方。

今までいわゆる「地産地消」のお店は幾つもご紹介してきたけど、店舗の造りまで地元産にこだわったお店はかなりレアケースじゃないかな!?

浜松への地元愛を非常に強く感じるお店です。

インテリアショップとカフェスペース一体型の店内

場所は東区上新屋町。ぎんろーはよく浜松コストコへ行くのですが、そのすぐ近くです。
先ほどフロアマップでご紹介した通り、家具・インテリアショップと一体になっているため、非常に広い店内です。

入口向かって左側はこのように家具・インテリアショップ。

右側に飲食・カフェスペースとなっています。

入口入ってすぐには、地元産こだわりの食品の贈答品が多数置かれていました。

例えばこちらは「浜松みかんジュース&川根ゆずジュースのセット」。

さらに「遠州厳選米セット」。

水揚げ量第一位を誇る沼津港のサバを使用した、「駿河燻鯖 オイルサバディン」など。

静岡県内の方・県外の方、どちらに送っても静岡の食文化を知ってもらうことができるギフトになっていると思います。

インテリアコーナーには最近よく見かける「ハーバリウム」に

観葉植物なども販売されています。

家具も種類豊富です。こちらの天井吊り下げタイプのハンモックが目を引きます。

カフェスペース「茶の間」

カフェスペースに伺います。

こちらでは飲食メニューの他にも地元産食品の販売もされています。
静岡では定番のお茶をはじめ、

浜松の地元企業である「トリイソース」さんと地元野菜がコラボしたピクルス。

ピクルスは静岡でも「こうのもの」さんをご紹介しましたが、こちらも純浜松産のピクルスです。

【こうのもの|葵区 鷹匠】あなたの「ピクルス」の概念を根本から覆す!鷹匠の「和ピクルス」専門店

2018年4月23日

他にも三方原の「まるたか農園」さんの「農家直送トマトジュース」に、

浜松の醤油メーカー、「加藤醤油」さんの「熟成濃口醤油」と「みそだれ」。

こちらは「遠州オリーブ」。

海外でオリーブの栽培・加工技術を学んだ方が磐田市でオリーブの栽培をされているそうです。

磐田でオリーブの栽培をされている農家さんがあるとは知らなかった!地元メーカーや生産者さんについて知る良いきっかけになるね。

最後に「紅はるか&りんごジャム」の「グリーンファーム水嶋」さん。

銀篭園のすぐお近く御前崎市でさつま芋(クイックスイート)の栽培をされています。

ちなみにクイックスイートは比較的新しい品種で、他の通常のさつま芋と比較し20℃程度低い
50℃前後で澱粉が糊化するため、電子レンジの過熱でも石焼き芋のような甘さが楽しめるという特徴があります。

メニューのご紹介&本日のオーダー

地元食材の美味しさを活かしたメニューが並んでいます。

土日祝限定の「三ケ日牛の味噌ビーフストロガノフ」これはオーダー決定ですね。

さらにこの時期はかき氷もあります。

お子様ご膳もありますので子供連れでも安心ですね。

本日のオーダーをご紹介します!

まずは定番と思われる、「はるいち定食¥1120」。

先ほどご紹介した加藤醤油のブレンド味噌を使用した味噌汁と地産食材を使用したおむすびが2種類。それにイカメンチカツのセット。温かみのあるセットになっています。

そして「三ケ日牛の味噌ビーフストロガノフ¥1380」。

三ケ日牛をこだわりのブレンド味噌で時間をかけて煮込んでいるそうです。
トマトの酸味、味噌の風味が調和した和製ストロガノフに仕上がっています。

このビーフストロガノフは感動するレベルの美味しさ!週末に行かれる方は是非おススメします!

一口サイズの特製丸コロッケも人気があるそうです。

デザートに「抹茶ティラミス&あずき白玉¥950」をオーダーしました。

注文をするとカウンターで作ってくれるんですが、「舞浜純粋」を使用したかき氷がとにかく滑らか。

 

料理マンガの表現ではありませんが、まさに「氷が踊っている」ように見えます笑

こちらの抹茶ソースをかけて頂きます。

食べ進めていくと中に白玉が隠れています。

これからの季節はかき氷いいですね。
他のバリエーションの中では「イチゴあまざけ」が気になりますね。

まとめ

インターネットで世界中から買い物ができる現代、敢えて純地元産にこだわった生活スタイルを提案するお店です。「食」はもちろん、家具やインテリアなども「地産」にこだわったお店です。

ぎんろーも静岡で通算30年ほど暮らしていますが、こちらのお店を訪れて、地元にこんなたくさんのクリエイター・地元企業があったことを知りました

さらにこちらのお店、「マルイチマーケット」というイベントも開催されていて、近隣の飲食店さんとのコラボやワークショップ等の企画もされています。

先日、静岡でも「マルシェフ」というグルメフェスが開催されることを知りましたが、こういった企画を通じて地元の方々への地産PRはとても素敵なことだと感じました。

まずは地元にもこんな素晴らしい素材・製品があることを知って貰うことが、冒頭でご紹介したコンセプトである「より良い選択・より良い生活」に繋がる第一歩であると感じるね。

遠州・浜松の地産にこだわった「ハルイチスタイル」、ぜひ注目してみてください。

基本情報

住所静岡県浜松市東区上新屋町 129-1
電話053-411-5678
営業時間11:00~19:00
定休日火曜日
アクセス東名高速 浜松I.Cより約10分
駐車場有り(66台)
MAP

▼【静岡 西部版】地元農家が推奨!農園カフェ 農家レストラン 一覧▼

【浜松周辺(磐田・掛川・袋井他)農園カフェ レストラン 10選+α 】地元農家が推奨!オススメ店 まとめ 一覧

2018年8月19日

↓ いつも応援クリックありがとうございます!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です