【MARUZEN Tea Roastery(マルゼン ティー ロースタリー)|静岡 呉服町】世界初!焙煎温度が選べるティージェラートカフェ

ABOUTこの記事をかいた人

ぎんろー

静岡の伝統芋農家です。地方農家の視点から営農の実践をメインに、食・自然との関わり、静岡のお薦めスポットを綴っています。お気軽にフォロー、メッセージお願いします☆

スポンサードサーチ

葵区 呉服町「MARUZEN Tea Roastery(マルゼン ティー ロースタリー)」とは

2018年1月、丸善製茶が呉服町にオープンしたティージェラートカフェ、MARUZEN Tea Roastery(マルゼン ティー ロースタリー)さん。

スタイリッシュなお店の雰囲気など注目される点は多いんですが、特に話題となったのは世界初の試みとなった「選べる焙煎温度」。

店内にお茶の焙煎工房を併設し、温度別に焙煎されます。

先にメニューのご紹介になりますが、このように「ドリンク(お茶)」「ジェラート(お茶請け)」でそれぞれ焙煎温度別に選択することが出来るという新しい提案がされています。

そこで出てくるのがこのような疑問。

お茶の焙煎温度が違うと何がどう変わるの??

先日こちらの記事でお茶の製造工程について簡単にご説明しました。

【蓬莱橋897.4(やくなし)茶屋|島田】島田市緑茶化計画! 蓬莱橋のたもとにオープンした茶屋から島田茶の魅力発信

2018年8月10日

こちらで「火入れ」と記載した工程がズバリ「焙煎」の工程に該当し、以下この「焙煎」の工程について解説されています。

煎茶の香味・味・水色は、お茶の原材料となる「荒茶」の製造によって決まるのですが、この段階では茶葉のかたちが不揃いで、水分含有量も高いため、そのまま出荷してしまうと、変質してしまいます。
そのため、荒茶を選別し、焙煎やブレンドする仕上げの工程が必要となります。

なかでも茶葉の焙煎は、茶葉の特徴を活かして行うことで、茶舗ごとに滋味・香り・味わい・水色の違い出すことができるため、仕上げの工程のなかでは最も重要なポイントとなります。

一部引用:小さな焙煎職人

そんな非常に重要な工程を行うのが、「茶師」という匠の技を持つ方々です。

分かりやすい例ですと、ペットボトル緑茶飲料の「伊右衛門」や「綾鷹」のCMなどに度々登場する、見るからに「匠」といった方々です。

 

ほんの数度の温度差でも香りや味わいが変わってしまうと言われる非常にシビアな工程が「焙煎」で、今回マルゼンティーロースタリーさんはこの部分に着目して差別化を図るという世界初の試みをされた訳です。

お店へお邪魔します

場所はJR静岡駅から呉服町通りを真っすぐ進み、徒歩約10分程度、伊勢丹さんの手前の位置にあります。

ホワイトを基調としたスタイリッシュなお店になっています。

デザインプロデュースは東京三軒茶屋にお店を構える「東京茶寮」さんの会社が担当されたそうです。お店のロゴマークやシンプルで清潔感のある感じは非常に似ていますね。

またお店の前には小さなプランターがあり、小さなお茶の木が育っていました。

先日、CHA10さんで触れましたが、お茶の実から育ったものでしょうか。

【CHA10(チャトウ)|葵区 鷹匠】静岡産の有機抹茶使用!街中のお洒落過ぎる抹茶スタンド

2018年8月8日

フランス人看板店員さん

大きく取られたお店の窓からは、店員さんがお茶を淹れる様子を伺う事ができます。

こちらのお店は前述の通り世界初の試みをされており、非常に注目度も高く、各メディアで注目されていますが、もう一つ注目されるポイントがあります。

こちらのお店ではなんとフランス人スタッフの方がいらっしゃいます!

確かに日本茶の専門店でフランス人女性がお茶を淹れるシーンはなかなか貴重だと思います。

ぎんろーも参考にさせて頂く静岡の情報サイト、「miteco」さんの紹介記事でこの店員さんについて紹介されていました。

ちなみに写真の女性はスタッフのマリーさん。マリーさんはフランス人で、京都の大学に留学し一時帰国後、再び京都府和束町の茶園農家でインターンを経験。そこからマルゼン ティー ロースタリーで働くようになりました。

一部引用:miteco

京都のお茶農家でインターンをされた経験もあるとの事で、日本と日本のお茶への強い想いがあるのでしょう。

メニューのご紹介

基本はジェラートとドリンクのセットになっており、ジェラートがシングル/ダブルで価格が変わります。

それぞれ焙煎温度が0℃~200℃から選択し、さらに浅蒸し/深蒸しから選択できるようになっています。迷った場合は、店員さんが優しく教えてくれるので心配ありません。

こちらがジェラートのショーケース。お茶以外にもホワイトクリームや季節のジェラートが用意されています。

他にも店内には、焙煎温度毎に分けられた茶葉や

ジェラートのギフトボックス、

お茶請けのドライフルーツ羊羹などが販売されていました。

こちらの奥のスペースが焙煎工房。焙煎機が置かれています。温度帯別にマイクロロースト(少量焙煎)するので、できたての香ばしさを楽しめます。

基本はこちらの1階でオーダーした後、2階のイートンスペースで頂く形になります。

街中ながら2階は十分な広さがあり、カウンター席とテーブル席があります。

本日のオーダーは?

本日のオーダーをご紹介します!

店員さんに人気商品なども伺いながら、ジェラートは「80℃玉露」、

ドリンクはスタンダードな「100℃ライトロースト」のアイスにしてみました。

まずジェラートの方ですが、「世界一濃厚な抹茶ジェラート」として有名な「ななや」さんにも劣らない濃厚さです。

【ななや 静岡店 丸七製茶|葵区 両替町 】世界一濃厚な抹茶ジェラートだけじゃない!静岡抹茶の解説付き!

2018年6月10日

ドリンクの方も、スタンダードな100℃で適度な爽やかな香りを感じます。個人的には夏の時期にはぴったりなチョイスだと思いました。目にも鮮やかな緑色です。

まとめ

駅近という恵まれたロケーションで、且つ洗練されたスタイリッシュなお店で各方面から注目を集めている事にも納得できます。

焙煎温度が選べる世界初の試みも非常にインパクトが強く、お客さんに選んでいただく事で他店と差別化され、さらにお茶に興味を持って貰う事ができると感じました。

またこの試みをさらに活かすのであれば、例えば「利き茶セット」のように少量で複数のフレーバーを試せるような機会やオーダー方法があると面白いかなと感じました。(作り手の方は大変でしょうけど・・もしくは何度も足を運んでもらう為のお店の戦略でしょうか!?笑)

ジェラート・ドリンクとこれだけ多くの選択肢があると悩んでしまう方も多いかもしれませんが、その中から自分の好みの味を探す楽しみがあると感じました。

また細かい部分になりますが、お茶とお茶請けの組み合わせによっても味の感じ方が変わってくると思います。

皆さんも是非「自分好みの設定・組み合わせ」を探してみて下さい!

基本情報

住所
静岡市葵区呉服町2-2-5
電話054-204-1737
営業時間11:00~20:00
定休日不定休
アクセスJR静岡駅より徒歩約10分
駐車場なし
MAP

地元の元お茶農家が推奨!静岡駅周辺のお茶カフェまとめ

【静岡駅周辺 お茶カフェ 14選+α】地元の元お茶農家が実食推奨!静岡駅近くのお茶カフェ一覧

2018年8月17日

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!超絶おススメ店一覧

【静岡 お茶カフェ 15選+α】地元の元お茶農家が実食厳選!県内各地の超絶おススメ店一覧

2019年5月1日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です